[PR] 株式情報
『海街diary』
家族を捨てた父が、のこしてくれた家族








吉田秋生原作のベストセラー・コミックの実写映画化。鎌倉の古い一軒家に暮らす3姉妹と、父が残した腹違いの妹とが複雑な想いを抱えながらも一緒に暮らしながら家族としての絆を深めていく姿を描いたドラマ。


鎌倉で暮らす三姉妹のもとに、15年前に離婚して家を出ていった父の訃報が届く。葬儀のため山潟へ向かった三人は、そこで腹違いの妹・すずと対面する。父が亡くなり身寄りをなくし、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は「鎌倉で一緒に暮らさない?」と声を掛けるのだった。こうして鎌倉で四姉妹の新たな生活が始まるのだった・・・



しっかり者の長女、自由奔放な次女、マイペースな三女ののもとで一緒に暮らすことになった腹違いの妹。鎌倉の古い家で四姉妹が暮らし家族として絆を紡ぐ。両親を許せずにいるが自分自身も父と同じことをしている長女、母がしたことで自分を許せず、姉たちに対して気遣いをする四女、ダメンズに失恋する次女、長女と実母との確執といった負の日常のなか、四女に対する三人の姉の優しさが心を温かくさせてくれる。そんな姉に対し、徐々に打ち解けていく四女の姿も爽やかな気持ちにさせてくれる。四女と三姉妹、広瀬すずと綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆との距離感描写がリアルに感じられた。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの四姉妹の美しさには、男性ならうっとりとさせられるだろう。事件もなにもないが、桜、浴衣姿、紅葉といった鎌倉の四季や、高台からの景色が美しく、四姉妹の食卓風景といった普通の家族の生活が心和ませてくれる作品である。


評価:大変よくできました

監督:是枝裕和
原作:吉田秋生「海街diary」
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ、中村優子・・・他
製作国:日本
配給:東宝、ギャガ

【海街diary】
http://umimachi.gaga.ne.jp/

評価・紹介No.:2015-109
スポンサーサイト
【2015/06/19 03:18】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する