[PR] 株式情報
『ハイネケン誘拐の代償』
誘拐されたビール会社の経営者と、
誘拐した幼なじみの5人。
事件の《裏》で、
いったい何が起きたのか──?



史上最高額の身代金が要求された大富豪誘拐事件の真実とは?《実話》に基づく本格サスペンス・ミステリー!








1983年にオランダで実際に起きた世界的ビール会社の経営者ハイネケン誘拐事件の顛末を描いたサスペンス・ミステリー。


1983年、オランダのアムステルダム。コル・ヴァン・ハウトは、経営していた会社が倒産し、幼なじみのヴィレム・ホーレーダーらと世界的ビール会社の経営者であるハイネケンの誘拐を計画する。綿密な計画を練り上げ誘拐は成功するが、身代金交渉が進まず人質であるハイネケンの傲慢な言動に、犯人たち間に歯車が狂いだしてゆくのだった・・・



1983年に実際に起こった世界的ビール会社の経営者で大富豪のフレディ・ハイネケン氏誘拐事件を題材にした犯罪ジャーナリストのピーター・R・デ・ヴリーズの著書の映画化だ。経営していた会社が倒産し窮地に追い込まれた幼なじみ5人組で、犯罪に手を染めたことがないド素人が計画したハイネケン氏誘拐計画。綿密且つ大胆不敵に行われた誘拐は緊迫感があるが、それ以降の描写があまりにも淡々としてしまっている。犯人とハイネケン氏との描写は少なく、ハイネケン氏により翻弄されたというより、墓穴を掘って代償を払ったようにしかみえない。誘拐犯、ハイネケン氏の人物描写やサスペンス感も乏しく、実録映画としてしか描かれていなかったのは残念だ。


評価:がんばろう

原題:Kidnapping Mr. Heineken
監督:ダニエル・アルフレッドソン
原作:ピーター・R・デ・ブリーズ
出演:ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、アンソニー・ホプキンス、マーク・ファン・エーウェン、トーマス・コックレル、ジェミマ・ウェスト・・・他
製作国:ベルギー、イギリス、オランダ
配給:アスミック・エース

【ハイネケン誘拐の代償】
http://kidnapping.asmik-ace.co.jp/

評価・紹介No.:2015-111
スポンサーサイト
【2015/06/22 03:30】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する