[PR] 株式情報
『極道大戦争』
熱く、美しく。

噛まれたら、みんなヤクザ。











噛まれたらヤクザになってしまうという荒唐無稽な世界を描いた任侠・アクション・コメディ。


敏感肌の半端ヤクザの亜喜良は、最強伝説を持つヤクザの親分・神浦に憧れ極道の世界に入る。ある日、神浦の命を狙う刺客が現れ、その圧倒的な強さに神浦は八つ裂きにされてしまう。その死に際、神浦は最期の力を振り絞り、影山の首元に噛み付き、「わが血を受け継いで、ヤクザヴァンパイアの道を行け!!」と残し絶命する。その瞬間、影山に神浦の血が逆流し、ヤクザヴァンパイアとして覚醒するのだった・・・



ヤクザがサイボーグとなって甦る「FULL METAL 極道」やヤクザ・ホラー「極道恐怖大劇場 牛頭 GOZU」という新ジャンルなヤクザ映画のメガホンをとった三池崇史監督の次なるヤクザ映画は、噛まれたらヤクザになってしまうという映画だ。不死身の最強伝説を持つヤクザの親分はヤクザヴァンパイアで、刺客によって殺された親分の血を引き継ぎ覚醒した舎弟が刺客と戦うというハチャメチャなストーリーだ。昭和の任侠モノのイメージを残しつつ、ヤクザヴァンパイア(姿は人間)に、カエル、カッパと任侠とは程遠いキャラクターが「クローズZERO」のようにバトルする。小ネタを挟み笑わせるなど、三池ワールド全開な内容だ。市原隼人の鍛え上げられた体とアクション、水漏れで頭ぶっ飛んだ高島礼子の怪演とこのぶっ飛びようは三池監督ならではだ。サイボーグ、ホラー、ヴァンパイアの次はどんなヤクザ映画を撮ってくれるのかと期待してしまう。ツボにハマるかシラケるかはあなた次第といった内容は、丁半博打のような“極道”な映画なのかもしれない・・・


評価:よくできました

監督:三池崇史
出演:市原隼人、成海璃子、リリー・フランキー、高島礼子、青柳翔、渋川清彦、三浦誠己、テイ龍進、ヤヤン・ルヒアン、三元雅芸、有薗芳記、中村靖日、坂口茉琴、優希美青、三津谷葉子、渡辺哲、ピエール瀧、でんでん・・・他
製作国:日本
配給:日活

【極道大戦争】
http://www.gokudo-movie.com/

評価・紹介No.:2015-116
スポンサーサイト
【2015/06/27 03:42】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する