[PR] 株式情報
『アリスのままで』
もすぐ私は
すべてを忘れる。
けれども愛した日々は、
消えはしない。



50歳のアリスが自分のままでいられる最期の夏。
家族との絆を描く感動の物語。










若年性アルツハイマー病と診断された50歳の女性の苦悩・キャンバスをランニング中に迷ってしまうという異変が続く。病院で検査を受けたアリスは、若年性アルツハイマー病と宣告されてしまう。家族からサポートを受けるも徐々に記憶が薄れていくアリスは、ソコンに保存されていたビデオメッセージを発見し、自分が自分でいられるために画面の中の自分が語ることを実行しようとするのだった・・・



若年性アルツハイマー病を題材にした映画といえば、家族愛を中心に描いた「私の頭の中の消しゴム」「明日の記憶」などがあるが、本作は病を発症したアリスの目線中心に描かれている。抜け落ちた言語、ジョギング中の迷子からはじまった病に、病により失った大学の仕事、遺伝する家族性の病という苦悩、そして自分のままでいたいという思いから残したメッセージ。薄れゆく記憶、壊れていく自分を自分らしく残すためスマホやボードで記憶ゲームをしたり、ビデオメッセージを残す彼女の姿は涙するが、病気の家族へ対するサポート描写が薄すぎる。また、家族に遺伝するといった病について投げっぱなしになっているのも気になるところだ。介護の泥臭さまで描かれていたら感情移入できたのではないかと思うと少し残念だった。


評価:よくできました

原題:Still Alice
監督:リチャード・グラツァー、ウォッシュ・ウエストモアランド
原作:リサ・ジェノヴァ「アリスのままで」
出演:ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワース、ハンター・パリッシュ、シェーン・マクレー、セス・ギリアム、スティーヴン・クンケン、ダニエル・ジェロル、ロサ・アレドンド・・・他
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ

【アリスのままで】
http://alice-movie.com/

評価・紹介No.:2015-122
スポンサーサイト
【2015/07/06 03:07】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する