[PR] 株式情報
『きみはいい子』
抱きしめられたい。

子どもだって。
おとなだって。










幼児虐待や学級崩壊といった問題を通して愛について描いた中脇初枝原作の連作短編集の映画化。


桜ヶ丘小学校の新任教師の岡野は、まじめだが優柔不断で、問題に真っ正面から向き合えす、生徒とうまく信頼関係を築けず、モンスターペアレントにも悩まされていた。夫が海外に単身赴任中のため3歳の娘と2人で生活する雅美は、ママ友らに見せる笑顔の陰で自宅でたびたび娘に暴力を振るってしまっていた。小学校へと続く坂道の家にひとりで暮らす老人のあきこは、スーパーでお金を払わずに店を出た事を店員にとがめられ、認知症が始まったのかと不安な日々を過ごすのだった・・・



原作は5つの短編から成る短編集で、その中から「サンタさんの来ない家」「べっぴんさん」「こんにちは、さようなら」という3編をピックアップして映画化したものだ。学校でのイジメ、学級崩壊、我が子への虐待、モンスターペアレント、独居老人の認知症、ママ友の表と裏の顔といった現代の社会問題をテーマに、新米教師、子供に手をあげてしまっている主婦、認知症の疑いがある独居老人、自閉症の小学生、親から虐待されている疑いがる小学生のエピソードを描く。現代の社会問題がテーマなだけに、児童や親に対する学校の対応やモンスターペアレントに対する苛立ち、我が子に対する躾け方など考えさせられることはかなり多い。人に抱きしめられ再生していく姿には温かく涙がこぼれる。ただ、編集しにくかったのか3編を交差させるための撮り方がブツ切りなのと、新米教師の宿題と虐待されている疑いがる小学生とのことが放り投げ状態になってしまっていたのは内容が良かっただけに残念だ。テーマとしてすぐに解決できる問題ではないが、希望へとつなげてほしかったよに思えた。


評価:よくできました

監督:呉美保
原作:中脇初枝「きみはいい子」
出演:高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴、高橋和也、喜多道枝、黒川芽以、内田慈、松嶋亮太、加部亜門、富田靖子・・・他
製作国:日本
配給:アークエンタテインメント

【きみはいい子】
http://iiko-movie.com/

評価・紹介No.:2015-124
スポンサーサイト
【2015/07/08 03:12】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する