[PR] 株式情報
『インサイド・ヘッド』
なぜ、カナシミは必要なの…?









11歳の少女の頭の中にいる擬人化された5つの感情を主人公にしたアドベンチャー・ファンタジー。


ミネソタの田舎町で暮らす11歳の少女ライリーは、父親の仕事の都合で都会のサンフランシスコに引っ越してくる。新しい生活に慣れようとするライリーの頭の中では、ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ビビリ、ムカムカたちがライリーを幸せにするために奮闘していた。そんなある日、頭の中で大事件が起こり、ヨロコビとカナシミが司令部の外へと放り出されてしまうのだった・・・



ピクサーの長編アニメ20周年となる映画は、人間の感情を題材に擬人化されたヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミといった5つの感情が11歳の少女ライリーの頭の中で奮闘する。5人のうち4人はライリーを幸せにするために行動するのだが、カナシミだけライリーを不幸へと導いてしまう。カナシミの感情が必要な理由を紐解いていくといったストーリーだ。真木よう子の頭の中の擬人化された思考が混乱する「脳内ポイズンベリー」とよく似た内容だが、「インサイド・ヘッド」は感情のドタバタ劇だ。感情たちのドタバタ劇は愉快で見ていておもしろい。トラブルで放り出されたヨロコビとカナシミの冒険もドキドキし、ライリーが幼い頃に作り上げた空想上の友達ビンボンにはウルッとさせられる。カナシミの理由については原題でわかってしまうのだが、見ていて温かい気持ちにさせられる。ヨロコビ中心でヨロコビが若干ウザく、ラストに出てくる感情たちがしつこすぎるのは少し残念に思えた。


評価:よくできました

原題:Inside Out
監督:ピート・ドクター
共同監督:ロニー・デル・カルメン
出演:エイミー・ポーラー、フィリス・スミス、ルイス・ブラック、ミンディ・カリング、ビル・ヘイダー、ケイトリン・ディアス、カイル・マクラクラン、ダイアン・レイン・・・他
日本語吹替:竹内結子、大竹しのぶ、浦山迅、小松由佳、落合弘治、伊集院茉衣、花輪英司、田中敦子、佐藤二朗・・・他
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【インサイド・ヘッド】
http://www.disney.co.jp/movie/head.html

評価・紹介No.:2015-129
スポンサーサイト
【2015/07/22 03:10】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する