[PR] 株式情報
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
運命に挑め――。
戦わなければ、勝てない。










既刊16巻、全世界累計5000万部という諫山創のメガヒット漫画の実写映画化。人間を捕食する巨人と人類との壮絶な戦いを描いたアクション・アドベンチャー。


100年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した。生き残った人間は、巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、その中で暮らしていた。壁に守られ安穏と暮らす生活に苛立ちを募らせていたエレンは、まだ見ぬ壁外の世界を夢見ていた。そんなある日、エレンの前に想定外の超大型巨人によって壁は破壊され、穿たれた穴から無数の巨人が壁の中へと侵入し、人々が次々と巨人に呑み込まれていった。それから2年、エレンは調査兵団の一員になり、壊された壁の修復作戦に参加していた・・・



巨人が人間を喰らうという衝撃的な漫画で、テレビアニメ化もされ、社会現象にまでなった「進撃の巨人」。巨人と人類との壮絶な戦いを描いた実写版は、原作をベースにオリジナルの要素を加えた2部作構成の映画だ。昭和テイストな特撮だが、とにかく巨人が恐ろしく、グロく、子供が観たらトラウマになりそうだ。キャラクター、ストーリーと映画オリジナルが強いため、原作ファンにとっては不満が残るかもしれないが、迫力や怖さは実写ならではだ。原作が続いている中、後編でどのように締めるか非常に気になるところだ。また、エレンとミカサの関係や新キャラクターの動向も後編には明らかになり、後編への期待が高まってしまう。果たして、大団円となるのか、破滅となるのか、それとも・・・


評価:よくできました

監督:樋口真嗣
原作:諫山創「進撃の巨人」
出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼、高橋みなみ(AKB48)・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【進撃の巨人 ATTACK ON TITAN】
http://shingeki-seyo.com/

評価・紹介No.:2015-138
スポンサーサイト
【2015/08/05 03:53】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する