[PR] 株式情報
『ジュラシック・ワールド』
あのテーマパークが、ついにオープンする。







マイケル・クライトンによる小説「ジュラシック・パーク」をスティーヴン・スピルバーグ監督により映画化したパニック・アクションのシリーズ第4弾。


イスラ・ヌブラル島で起こった「ジュラシック・パーク」の事件から22年後、「ジュラシック・ワールド」がオープンし、パークの運営責任者のクレアの甥、ザックとグレイがやって来た。クレアはアシスタントのザラに2人のことを任せるが、彼女の目を盗んで逃げ出し、パーク観光を楽しんでいた。そんな時、遺伝子操作で生み出したハイブリット恐竜のインドミナス・レックスが防護壁を破って逃走し、クレアは恐竜の飼育員オーウェンと一緒にインドミナス追うのだった・・・



シリーズ第1弾から22年、再び舞台はイスラ・ヌブラル島へとなり「ジュラシック・パーク」第1弾の続編的ストーリーだ。新たに生まれ変わった「ジュラシック・ワールド」で、遺伝子操作で生まれたハイブリット恐竜が暴れ出す。知能が高く、普通の恐竜とは違う能力持ち、凶暴なハイブリット恐竜インドミナス・レックス。映画のスクリーンがテーマパークの体感型アトラクションで、迫力満点な恐竜に、怖いけどクスッと笑える描写と非常に楽しめる。クライマックスの死闘は圧巻だ。危機管理の低さや大人の事情といったものには少々疑問も残るが、「ジュラシック・パーク」ネタなども散りばめられており、非常に楽しめる作品となっている。


評価:大変よくできました

原題:Jurassic World
監督:コリン・トレボロウ
原案:リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン、オマール・シー、B・D・ウォン、イルファン・カーン・・・他
製作国:アメリカ
配給:東宝東和

【ジュラシック・ワールド】
http://www.jurassicworld.jp/

評価・紹介No.:2015-141
スポンサーサイト
【2015/08/10 03:11】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する