[PR] 株式情報
『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』
伝説を超えろ。
新時代を駆けろ。









連載を終えた岸本斉史の大人気マンガ「NARUTO」の主人公ナルトの息子ボルトを主人公に、ボルトの活躍を描いたアクション・アドベンチャー。


七代目火影・うずまきナルトが統治する木ノ葉隠れの里を中心に、新たな忍の育成を目的とした「中忍選抜試験」が5つの里合同で開催されようとしていた。父ナルトに反発する息子のボルトは、ナルトのライバルで親友でもあるサスケに弟子入りするのだった。中忍選抜試験の日、モシキとキンシキと名乗る二人組が突如現れ、ナルトを襲う。ボルトを助けようとしたナルトは、二人が放った術によって行方がわからなくなってしまうのだった・・・



劇場版「NARUTO」の11作品目。サスケとの壮絶な戦い後、七代目火影となったナルト。その後日譚となるストーリーだ。七代目火影として仕事が忙しく、家庭を顧みないナルト、そんな父に反発するボルトが、科学忍具を使ったりサスケの弟子になりナルトの鼻を明かそうとする。寂しくて拗ねて反発するボルトとナルトの父子関係から、二人が互いの心がわかるまでの愛と絆、ナルトやサスケに教えられ成長するボルトの姿には胸が熱くなる。ナルト、サスケ、ボルトたちとモシキとキンシキと戦いは、シリーズの中で最高のアクションで、ファンとしては鳥肌ものだ。クライマックスはナルトとサスケの活躍に終わってしまったのは少し残念だったが、ナルトとサスケの友情にも胸が熱くなった。


評価:大変よくできました

監督:山下宏幸
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、竹内順子、杉山紀彰、木島隆一、阿部敦、小野賢章、早見沙織、浪川大輔、安元洋貴、竹内良太、石田彰、宮田幸季、武田華・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【BORUTO -NARUTO THE MOVIE-】
http://boruto-movie.com/

評価・紹介No.:2015-145
スポンサーサイト
【2015/08/18 03:24】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する