[PR] 株式情報
『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』
その手で守るのは、
1億2000万人の未来。











小森陽一、藤堂裕による原作コミックで、2014年1月にテレビ化されたドラマの劇場版。


「第3のS」として新設された警視庁特殊急襲捜査班「NPS」は、バスジャックの人質救出と犯人確保のため現場に急行する。犯人からの要求がない状況にメンバーたちは違和感を抱いていた。そんな中、太平洋沖で日本全土を崩壊させてしまうほど大量のプルトニウムを積んだ巨大タンカーが何者かによって乗っ取られる事件が発生する。未曽有の事件に備え緊急招集された首相や閣僚が集まる官邸へ犯人から電話が入る。その声の主は、NPSの因縁の敵、正木圭吾だった・・・



大量のプルトニウムを積んだ巨大タンカーが乗っ取られ、プルトニウム爆破阻止、テロリスト確保のため警視庁特殊部隊「SAT」と海上保安庁特殊警備隊「SST」と合同で作戦を開始する。テロリストによるプルトニウム爆破というストーリーは大風呂敷を広げた内容でツッコミを入れたくなるが、空、海、タンカー内部でのNPS、SAT、SSTによるアクションは迫力があり見ごたえがある。国際テロリストでNPSの因縁の敵である正木についての過去や目的が語られているのは、原作・テレビドラマファンにとっては見どころの一つだ。一號(いちご)、蘇我、イルマがカッコよく描かれていたので、ドラマファンとしては満足できるものになっているのではないだろうか・・・


評価:よくできました

監督:平野俊一
原作:小森陽一、藤堂裕「S -最後の警官-」
出演:向井理、綾野剛、新垣結衣、吹石一恵、青木崇高、池内博之、平山浩行、高橋努、平山祐介、本宮泰風、淵上泰史、本田博太郎、朝加真由美、菅原大吉、土屋アンナ、辰巳琢郎、高嶋政宏、近藤正臣、オダギリジョー、大森南朋・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE】
http://www.s-lastpoliceman-movie.com/

評価・紹介No.:2015-154
スポンサーサイト
【2015/09/05 03:55】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する