[PR] 株式情報
『しあわせへのまわり道』
きらきらした夏のニューヨーク、突然訪れた人生の“ブレーキ”。
それでも道は続くから、まっさらな私になって再び前へ踏みだそう。


サインを
見逃さないで──
運転を習うことは
生き方を学ぶこと









アメリカの「The New Yorker」に掲載された実体験を綴ったエッセイを基に、離婚をきっかけに車の運転教習を受けることになった女性と、インド人の教官が車の運転を通して少しずつ心を通わせていく様子を描いたハートフル・コメディ。


マンハッタンで暮らす売れっ子書評家ウェンディは、長年連れ添った夫が浮気相手のもとへ去ってしまう。絶望のなか、車を運転できない現実に直面したウェンディは、インド人タクシー運転手ダルワーンのレッスンを受けることに。伝統を重んじる堅物だが、人種も宗教も文化も正反対のダルワーンとの出会いは、ウェンディの心の針路を変え、未来に踏み出す勇気を与えてくれるのだった・・・



夫と離婚し、車の免許がなく離れて暮らす娘に会いに行くことができないことに気づいた女性が、インド人の教官に車の運転を教えてもらい、絶望だった気持ちから再生していき、インド人の教官も彼女と話していく中で、女性というものを学び妻に対する考えが変わっていく。インド人の教官の教習ユニークで奥深い。必要なのは少しの勇気という言葉に、人生観が変わっていく。性別も人種も宗教も異なる二人が、運転教習を通し友情のようなものが芽生えていく姿に感動を覚えた。人生観、運転観というものを変えてくれ、ちょっとつまずいた気持ちにエールを送ってくれる映画だ。


評価:大変よくできました

原題:Learning to Drive
監督:イザベル・コイシェ
原作:キャサ・ポリット
出演:パトリシア・クラークソン、ベン・キングズレー、ジェイク・ウェバー、グレイス・ガマー、サリタ・チョウドリー、ダニエラ・ラヴェンダー、サマンサ・ビー、ジョン・ホッジマン、マット・サリンジャー、マイケル・マンテル・・・他
製作国:アメリカ
配給:ロングライド

【しあわせへのまわり道】
http://shiawase-mawarimichi.com/

評価・紹介No.:2015-156
スポンサーサイト
【2015/09/08 03:25】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する