[PR] 株式情報
『アンフェア the end』
これで、すべてを終わらせる。


明かされた真実、哀しすぎる結末。アンフェア完結








秦建日子の原作小説で、2006年にフジテレビ系列にてドラマ化された刑事ドラマ「アンフェア」の劇場版第3弾。


ネイルガン殺人事件から4年、国家を動かす謎の権力組織に関するデータを手中にした雪平夏見は、父の無念を晴らす機会をうかがっていた。そんな中、東京地検特捜部の村上克明検事とその父で元検事総長の村上成明が殺害される事件が発生し、容疑者としてシステムエンジニアの津島直紀が逮捕される。津島は取調官に行平を指名し、警察の闇を告発しようとして嵌められたと主張し、信じられるのは雪平だけだと話す。一方、最高検察庁の武部将臣は、村上親子が不正な組織に属していた疑いがあると打ち明け、雪平に情報の提供を求めてくるが・・・



2007年に公開された「アンフェア the movie」、2011年に開された「アンフェア the answer」の続編となる第3弾は、10年の歴史に幕をするシリーズ完結編だ。警察組織の闇、国家を裏で操る権力組織に関するデータを手中にし、刑事だった父の死の真相を解明しようとする雪平。新たな事件に新たな協力者と、父の死の真相解明へと奔走する。ありえない逃亡劇に、ありえない大使館での銃撃戦と、ストーリーとして迷走している感じがする。また、10年引っ張ったわりには簡単にわかってしまう父の死の真相とあっけないラストには脱力し、ファンとしては不完全燃焼な感じだ。シリーズが終わって、雪平夏見という人物は、検挙率No.1、バツイチ、子持ち、大酒飲みで無駄に美人、そして騙されやすいということがわかっただけなのかも。


評価:がんばろう

監督:佐藤嗣麻子
原作:秦建日子「推理小説」
出演:篠原涼子、永山絢斗、阿部サダヲ、吉田鋼太郎、加藤雅也、向井地美音、AKIRA (EXILE)、寺島進、佐藤浩市・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【アンフェア the end】
http://www.unfair-the-end.jp/

評価・紹介No.:2015-158
スポンサーサイト
【2015/09/10 03:58】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する