[PR] 株式情報
『猫侍 南の島へ行く』
さらば、サムライ。








“まだら鬼”ことコワモテの侍・斑目久太郎がツンデレな白猫・玉之丞に振り回される姿を描いたテレビドラマ「猫侍」の劇場版第2弾。


元加賀藩剣術指南役の斑目久太郎は、江戸での仕官が叶わず故郷・加賀藩で姑・タエの小言を浴びながら浪人生活を送っていた。そこへタエが、四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰ってくる。愛猫・玉之丞を連れて土佐へと出立した久太郎だったが、謎の忍者に襲われて土佐行きの船に乗り遅れてしまう。それでも何とか小舟を見つけ、空腹やゲリラ豪雨に耐えながら四国へ向かうが、巨大なクジラに遭遇し南の島に漂着してしまうのだった・・・



「イヌゴエ」「ネコナデ」「幼獣マメシバ」等の動物ドラマシリーズで、コワモテの浪人剣士と白猫がおりなす、時代劇「猫侍」。その劇場版第2弾は、南の島での珍道中を描くハートフルコメディだ。海賊、どこの国だかわからない謎の部族、ホラーチックな部族のメイクとなぜか話せる日本語と、どうツッコミでいいのかわからないほどのシュールなストーリーだ。はじめてのバナナ等クスリと笑ってしまうところもあるが、シュールすぎて少し引いてしまう。白猫・玉之丞と黒猫・ヤムヤムの愛くるしさにニヤニヤと萌えるしかなく、猫好きにはその映像だけでよいのだが、猫以外で萌え笑えるものが欲しかった。映画本編より、エンディングで歌われる松崎しげるの「愛のメモリー 猫侍バージョン」のほうがインパクトがあったのには脱力してしまった・・・


評価:がんばろう

監督:渡辺武
原案:北村一輝
出演:北村一輝、LiLiCo、高山善廣、木下ほうか、酒井敏也、緋田康人、木野花、横山めぐみ、あなご、さくら、ジャック・・・他
製作国:日本
配給:AMGエンタテインメント

【猫侍 南の島へ行く】
http://nekozamurai.info/

評価・紹介No.:2015-162
スポンサーサイト
【2015/09/15 03:47】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する