[PR] 株式情報
『クーデター』
敵は全国民

愛するものを守り、
生き残れるか?









東南アジアの某国を舞台に、海外赴任先で突如クーデターに巻き込まれたアメリカ人家族が、暴徒と化した市民から愛する家族を守るため命がけで逃走するサバイバル・スリラー。


東南アジアの某国に、水道事業支援事業のために家族と一緒に赴任したジャック。しかし翌朝、突如として政府と外国人をターゲットとしたクーデターが勃発する。暴徒により外国人が次々と殺害されていく中、ジャックは暴徒から妻子を守るため安全な場所を求めて逃げ回る。現地で出会ったハモンドの助けで間一髪逃げ延びるが、その先で絶望的な現実を突きつけられるのだった・・・



東南アジアの某国で突如として起こったクーデター。政府も軍隊も壊滅し、暴徒と化した現地民から標的となった外国人たち。言葉もわからず、土地鑑もない異国の地で、理由もわからず標的となったアメリカ人家族が暴徒から逃げるサバイバル模様を描く。日本では皆無なクーデターだが、欧米企業によるインフラの支援という名の乗っ取りから怒り心頭の現地民が、外国人から国や家族を守るために起こしたクーデター。先進国の横暴さからのクーデターは、小国ならあり得る話だ。そんなクーデターに巻き込まれた家族が、政府も軍隊も壊滅し、大使館も襲われ、逃げ場がない中に教えられた国境までの逃走劇はリアルで観ていて緊張感が走る。ツッコミやご都合主義的なところもあるが、現実に起こりそうな内容だけに、旅行や仕事での渡航先の行動について考えさせられる。サバイバルがメインだが、テーマとしては家族愛。極限状況下で、家族を助けるために必死になり団結するに姿には感動した。


評価:大変よくできました

原題:No Escape
監督:ジョン・エリック・ドゥードル
出演:オーウェン・ウィルソン、レイク・ベル、ピアース・ブロスナン、スターリング・ジェリンズ、クレア・ギア、サハジャック・ブーンタナキット・・・他
製作国:アメリカ
配給:クロックワークス

【クーデター】
http://www.coup-movie.com/

評価・紹介No.:2015-163
スポンサーサイト
【2015/09/16 03:49】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する