[PR] 株式情報
『天空の蜂』
絶対、守り抜く――


史上最悪の原発テロ発生。
巨大ヘリ墜落まで、あと8時間!









ベストセラー作家・東野圭吾の原作小説の映画化。最新鋭の大型ヘリコプターを乗っ取ったテロリストが起こそうとする史上最悪の原発テロ事件と、その危機に立ち向かう人々の8時間の攻防を描いたサスペンス・アクション。


1995年8月、新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”が小学生の少年を乗せたまま何者かに奪われてしまう。遠隔操作によるハイジャックされた機体は、福井県の原子力発電所「新陽」の上空に静止する。“天空の蜂”と名乗るテロリストは、日本の原子力発電所の全てを破棄するように要求し、従わない場合は大量の爆発物を積んだビッグBを新陽に墜落させるというものだった。ヘリ設計士・湯原と原発の設計士・三島は、少年の救出と日本消滅の危機を止めるべく奔走するのだが・・・



東日本大震災での福島原発事故以来、反原発が取り沙汰されている現在だが、発刊されたのは1995年と原発が安全だと言われていた時代に書かれた小説の映画化だ。巨大ヘリを奪っての原発爆破テロをめぐり、原子力発電所の安全問題、親子の絆、2人の設計士の想いが描かれている。ヘリが原発に墜落するまでの8時間にテロ阻止とヘリに取り残された子供を救出するという2つのミッションにハラハラと緊張する。実際にテロリストにこのような原発テロを起こされてしまったらと思うと背筋が凍ってしまう。電気か人間の命かという攻防、テロリストの要求に対する国家の対応は興味深く見てしまう。社会派ドラマとしてはいろいろと考えてしまうが、大型ヘリ強奪やヘリに残された少年の救出劇は現実的でなく少し萎えてしまうのは残念に思う。原発事故に対する問題、テロへの対応というものに考えさせられる映画である。


評価:大変よくできました

監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」
出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、光石研、佐藤二朗、やべきょうすけ、手塚とおる、松島花、石橋けい、前川泰之、松田悟志、森岡豊、カゴシマジロー、竹中直人、落合モトキ、向井理、永瀬匡、石橋蓮司・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【天空の蜂】
http://tenkunohachi.jp/

評価・紹介No.:2015-165
スポンサーサイト
【2015/09/18 02:59】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する