[PR] 株式情報
『アントマン』
映画史上最小にして、最大のアクション誕生!

身長1.5cmになった男は、
ヒーローにんされるのか?









マーベル・コミックのヒーローで、特殊なスーツにより身長1.5センチに変身してしまう「アントマン」の実写映画化。


窃盗の罪で刑務所にはいっていたスコットは、仕事もクビになり、養育費が払えず最愛の娘に会うことが出来ずにいた。そんな時、泥棒としてある家に侵入し、風変わりなスーツを発見する。それは、1.5センチへと縮小できる特殊なスーツだった。そのスーツを発明したビム博士よりオファーされたスコットは、アントマンとなり、人生をやり直すための戦いに乗り出すのだった・・・



特殊なスーツにより身長1.5センチのヒーローへと変身する「アントマン」。窃盗で刑務所に入り、出所後も定職に付けずにいた崖っぷちなダメなオヤジが、ひょんなことからアントマンとなって戦うヒーロー・アクションだ。1.5センチというミクロサイズなヒーローが、娘に会うため、人生をやり直すためにヒーローとなるという設定は非常に面白い。仲間が蟻で、小さくなったり元のサイズに戻ったりと変身機能をフルに使い飛び跳ねおもちゃの中で戦ったり、アベンジャーズの施設へ入り込みファルコンと戦ったりとコミカルな描写の多くクスッと笑ってしまった。笑いとアクションがうまくミックスされた秀逸ヒーロー・アクションだ。


評価:大変よくできました

原題:Ant-Man
監督:ペイトン・リード
原案:エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ
原作:スタン・リー、ラリー・リーバー、ジャック・カービー
出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウッド・ハリス、ジュディ・グリア、アビー・ライダー・フォートソン、デヴィッド・ダストマルチャン、ヘイリー・アトウェル、ジョン・スラッテリー、マーティン・ドノヴァン、ギャレット・モリス、ダックス・グリフィン、アンソニー・マッキー、スタン・リー・・・他
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【アントマン】
http://marvel.disney.co.jp/movie/antman.html

評価・紹介No.:2015-170
スポンサーサイト
【2015/09/28 03:08】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する