[PR] 株式情報
『ジョン・ウィック』
見惚れるほどの、復讐。









裏社会から引退した伝説の元殺し屋が、マフィアに全てを奪われ、たった独りで組織に立ち向かう復讐劇。


愛する妻ヘレンと生活のため裏社会から引退した伝説の殺し屋ジョン・ウィック。しかし、ヘレンが病気で亡くなり、悲しみに暮れるジョンのもとに、彼女から一匹の子犬デイジーが届けられる。デイジーとの生活で再び平穏を取り戻していくジョンだったが、ある日、ジョンの愛車を盗みに来たロシアン・マフィアにデイジーが殺されてしまう。生きる希望を奪われたジョンは怒りに震え、復讐を果たすことを決意するのだった・・・



大切なものを奪われた元殺し屋が、怒りに震え復讐のために復活するノンストップ・キリング・アクション。。ストーリーはいたって単純で、亡き妻から贈られた愛犬を殺され激おこぷんぷん丸となった伝説の元殺し屋が、ロシアン・マフィアのバカ息子を葬るために暴れまくる復讐劇だ。ガンとカンフーを融合させた究極のアクション新銃術”ガンフー”でキレまくり撃ちまくるキアヌのアクションが凄い。愛犬との生活と復讐のギャップが良い。伝説の殺し屋と言われながら、意外と弱かったりするするあたりは可愛らしく感じる。暗黒街の殺し屋コミュニティーの存在もおもしろい。キアヌのアクションだけだが、そのシンプルさに魅了されてしまう映画である。


評価:大変よくできました

原題:John Wick
監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーヴス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン、エイドリアンヌ・パリッキ、ブリジット・モイナハン、ディーン・ウィンタース、イアン・マクシェーン、ジョン・レグイザモ、ウィレム・デフォー、トビー・レナード・ムーア、ダニエル・バーンハード、ブリジット・リーガン、ランス・レディック、キース・ジャーディン・・・他
製作国:アメリカ
配給:ポニーキャニオン

【ジョン・ウィック】
http://johnwick.jp/

評価・紹介No.:2015-189
スポンサーサイト
【2015/10/22 03:41】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する