[PR] 株式情報
『ヒトラー暗殺、13分の誤算』
あの時、目を開けていたのは、僕だけだった。


ヒトラーが
最も恐れた暗殺者は、
平凡な
家具職人だった。









家具職人ゲオルク・エルザーによるヒトラー暗殺未遂事件の知られざる真実を描いた歴史ドラマ。


1939年11月8日、ドイツ・ミュンヘンで記念演説を行っていたヒトラーは、悪天候のためにいつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発し、田舎に暮らす平凡な家具職人のゲオルク・エルザーが逮捕される。大物の黒幕の存在を確信したヒトラーは、決行日までに彼が歩んできた人生のすべてを徹底的に調べるように命じるのだった・・・



1939年に実際に起こったヒトラー暗殺未遂事件を基に、その首謀者とされる実在した36歳の平家具職人のゲオルク・エルザーの人生を描いたドラマだ。ヒトラーの独裁政権によりナチスとして変わっていく町、そんなドイツに対する自信の思い、そして恋人の関係等を史実とフィクションによって描いている。「ワルキューレ作戦」をはじめとして40もの暗殺計画があったヒトラーを単独で暗殺しようとしたのはとにかく凄い。ヒトラーが13分早く演説を切り上げたことで未遂として終わってしまうが、これが成功していれば世界が変わり、彼自身英雄となっていただろうと思うと、いろいろ考えてしまう。この映画を見ると、ドイツ国家が長年にわたって封印してきたというのにも頷ける気がする。終始、暗く重苦しく、やや眠気に襲われそうになる撮り方は残念だったが、封印された歴史の人物とその計画の顛末を見れたことは、感慨深いものがある。


評価:よくできました

原題:Elser
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ピアース・ブロスナン、ディラン・マクダーモット、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター、ジェームズ・ダーシー、フランシス・デ・ラ・トゥーア・・・他
製作国:ドイツ
配給:ギャガ

【ヒトラー暗殺、13分の誤算】
http://13minutes.gaga.ne.jp/

評価・紹介No.:2015-197
スポンサーサイト
【2015/10/30 02:59】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する