[PR] 株式情報
『ボクは坊さん。』
24歳。書店員だったボクは、
ある日突然坊さんになった。



実話をもとに描いた、生きるヒントが沢山つまった“お坊さん”エンターテインメント








愛媛県の栄福寺の住職である白川密成氏の実体験を綴ったエッセイの映画化。24歳で実家の住職を務めることになった青年の奮闘を描いたヒューマンドラマ。


かつて弘法大師空海が開いたとされ、四国八十八ヶ所霊場第57番札所の栄福寺で育った進は、高野山大学で修業を積み、お坊さんの資格を得て実家の寺に戻るも地元の本屋で働いていた。そんなある日、住職だった祖父が他界し、光円と改名し24歳で実家の住職となる。奥深いお寺の世界、初めて聞く仏教用語、そして檀家の人たちとお寺について意見交換をし、少しずつ住職として経験を積んでいくのだった・・・



原作は、糸井重里が主宰するWEBサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で約7年間連載していた実際の住職である白川密成氏の実話をもとにしたエッセイだ。高野山大学を出てお坊さんの資格を取るも実家を継がず普通に就職した主人公が、住職である祖父の死をきっかけに寺を継ぎ様々な経験をし成長していくという奮闘記だ。大学では教えてくれず実践で覚えることが多く、檀家たちの意見を聞き、寺や住職としての勉強をしてく姿に泣き、笑う。数珠や坊主専用バリカン等のグッズやお坊さんの野球チーム等、コミカルに笑えるところにはホッと癒される。イッセー尾形演じる檀家の長老の一言一言は、ズシッと心に響く。同級生女性の事故、赤ちゃんのくだりがあっさりしすぎていたのは少し残念だったが、映画を観終えたあと、スッと心が軽くなったような気がした。


評価:よくできました

監督:真壁幸紀
原作:白川密成「ボクは坊さん。」
出演:伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、渡辺大知、遠藤雄弥、駒木根隆介、斎藤歩、品川徹、有薗芳記、松金よね子、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形・・・他
製作国:日本
配給:ファントム・フィルム

【ボクは坊さん。】
http://bosan.jp/

評価・紹介No.:2015-201
スポンサーサイト
【2015/11/05 03:31】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する