[PR] 株式情報
『起終点駅 ターミナル』
かれが、たどりついた「終着駅」
あすは、かれらを未来へ運ぶ「始発駅」
ここは、時刻表のない…駅








直木賞作家・桜木紫乃原作の短編小説の映画化。北海道の釧路を舞台に、誰にも裁いてもらうことのできない罪を抱えて生きる弁護士と孤独を背負い人生に迷う女性と出会い再生していくさまを描いたヒューマン・ドラマ。


旭川で裁判官として働く鷲田完治は、覚せい剤事件の被告となった学生時代の恋人の冴子と法廷で再会し、東京に妻子がいるにもかかわらず逢瀬を重ねるようになる。すべてを捨てて冴子と一緒になろうと決めるが、彼女は彼の前で命を絶ってしまう。それから25年、釧路で国選弁護人としてひっそりと生きている完治のもとに、覚醒剤所持で逮捕され弁護を担当した若い女性・椎名敦子が訪ねてくるのだった。家族に見放され誰にも頼ることなく生きてきた敦子の存在が、完治の止まっていた心を少しずつ動かしていくのだった・・・



北海道を舞台に、訳ありの国選弁護士と孤独を背負い人生に迷う若い女性が出会い、再生していく姿を描いたドラマだ。不倫相手の死を背負い、誰にも裁いてもらうことのできない罪を抱えて生きているが、実は過去から逃げている鷲田。そんな鷲田のもとに訪れた弁護した若い女性・敦子に昔の恋人の面影を見、そして彼女の人生を知り人として、父親としての再生をしていく。敦子も鷲田と交流をし孤独から新たな人生を歩みだす。短編小説が原作なだけに派手さはないが、二人の交流に心が温かくなる。また、鷲田に顧問弁護士になるよう付きまとうヤクザな男と鷲田との会話、関係もなかなか良い。本田翼のかわいさに佐藤浩市世代の男性はメロメロになってしまいそうだが、本田翼の演技の力量不足は少し残念に思えた。


評価:よくできました

監督:篠原哲雄
原作:桜木紫乃「起終点駅 ターミナル」
出演:佐藤浩市、本田翼、中村獅童、和田正人、音尾琢真、泉谷しげる、尾野真千子・・・他
製作国:日本
配給:東映

【起終点駅 ターミナル】
http://www.terminal-movie.com/

評価・紹介No.:2015-211
スポンサーサイト
【2015/11/17 03:45】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する