[PR] 株式情報
『コードネーム U.N.C.L.E.』
史上最高にセクシーで、
史上最悪の相性の、
史上最強のスパイコンビ、登場。










1964年~1968年に人気を博したイギリスのテレビドラマシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」の映画化。東西冷戦時代を舞台に、アメリカとソ連のスパイが手を組み、世界規模のテロ事件を阻止すべく奮闘するスパイ・アクション。


東西冷戦真っただ中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロとKGBエージェントのイリヤ・クリヤキンは、ナチス残党と国際犯罪組織が企む核兵器を巡る国際的陰謀を阻止するため手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、失踪した天才科学者の娘を守りながら、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走するのだった・・・



日本でも放送されたイギリスの人気ドラマシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」。東西冷戦中の1960年代という時代設定そのままで、アメリカのCIAとソ連のKGBの凄腕エージェントが手を組み、核爆弾大量生産技術流出の危機から世界を救うミッションを遂行するために奮闘する。チャラ男なCAIのソロとカタブツなKGBのイリヤのデコボココンビがコミカルで噛み合わないのだが、ビシッとキメるというのが非常に面白い。レトロなのだが、スタイリッシュにキメるアクションもなかなかよい。冷戦状態の国の二人が、いざとなれば相手を殺せという指令の中、衝突しながらも友情を育んでいくというのは王道的だが、バディ・ムービーとしてブレずに描かれている。「007シリーズ」や「ミッション:インポッシブルシリーズ」とは違ったおもしろさのスパイ映画で、本作もシリーズ化されるのを期待したい。


評価:大変よくできました

原題:The Man from U.N.C.L.E.
監督:ガイ・リッチー
出演:ヘンリー・カヴィル、アーミー・ハマー、アリシア・ヴィカンダー、エリザベス・デビッキ、ジャレッド・ハリス、ヒュー・グラント、ルカ・カルヴァーニ、シルヴェスター・グロート、クリスチャン・ベルケル、ミシャ・クズネツォフ、ガイ・ウィリアムズ、デヴィッド・ベッカム・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【コードネーム U.N.C.L.E.】
http://wwws.warnerbros.co.jp/codename-uncle/

評価・紹介No.:2015-213
スポンサーサイト
【2015/11/21 03:34】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する