[PR] 株式情報
『ムーン・ウォーカーズ』
世界をダマせ!


月面着陸の捏造をアメリカ政府がキューブリックに依頼した!?








アポロ11号の月面着陸をアメリカ政府が捏造しようとしたアクション・コメディ。


1969年、ベトナム戦争帰りのCIA諜報員のキッドマンは、アポロ11号の月面着陸が万が一失敗した場合の保険として「2001年宇宙の旅」を監督したスタンリー・キューブリックに偽映像の作成を依頼し、さらに関わった関係者を抹殺するという任務に就く。ロンドンに着いたキッドマンは、売れないバンドのマネジャーのジョニーをキューブリックのマネジャーと勘違いし莫大な制作費を騙し取られてしまうのだった・・・



アポロ11号による人類初の月面着陸は、スタンリー・キューブリック監督による捏造だったというという都市伝説をモチーフにしたコメディだ。アポロ計画の失敗続きに、ソ連に先を越されてしまうと焦ったアメリカ政府が「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリック監督に依頼しようとするも、CIAのエージェントの勘違いから大騒動が巻き起こるというストーリーだ。ヤバいクスリや銃撃戦のアクションとドタバタしたコメディ。偽キューブリック監督によるフェイク撮影などはおもしろいが、単調でブラックすぎる内容は観ていて疲れてしまう。ファイク映像より、キッドマン、ギャング、アメリカの工作員のアクションがメインとなっていたように思えたのは残念だ。エンドロールの映像のシュールさには脱力してしまったが、あれはどんな意味があったのだろか?


評価:がんばろう

原題:Moonwalkers
監督:アントワーヌ・バルドー=ジャケ
原案:アントワーヌ・バルドー=ジャケ
出演:ロン・パールマン、ルパート・グリント、ロバート・シーアン、スティーヴン・キャンベル・ムーア、ケヴィン・ビショップ、エリック・ランパール、トム・オーデナールト、エリカ・サント・・・他
製作国:フランス、ベルギー
配給:日活、CAMDEN

【ムーン・ウォーカーズ】
http://moonwalkers-movie.jp/

評価・紹介No.:2015-216
スポンサーサイト
【2015/11/26 03:31】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する