[PR] 株式情報
『FOUJITA』
パリが愛した日本人。
あなたはフジタを知っていますか?








フランスで有名な日本人画家・藤田嗣治の半生を描いた伝記ドラマ。


1920年代のパリ。「乳白色の肌」で裸婦を描き、エコール・ド・パリの寵児となった日本人画家・藤田嗣治は、ピカソ等のら時代を彩る画家や美しいパリジェンヌたちと華やかな日々を過ごしていた。1940年代、第2次世界大戦が始まり、パリ陥落を前に彼は日本に戻り、戦時下で戦争協力画を描き、日本美術界の重鎮へと上りつめていくのだが・・・



1920年代にパリで活動し、エコール・ド・パリ(パリ派)として人気者となった日本人画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ)の半生を描いたドラマだ。1920年代のパリと、戦時中の日本での生活を描いてる。有名な画家やモデルたちとバカ騒ぎな宴を開き、フーフー(お調子者)として名を残したフジタと、戦時中に戦意高揚する“戦争協力画”を描いた藤田。フジタの「陰」と「陽」を描いているが、あまりにも抽象的で観ていてピンとこない。全体的に物静かで、後半急にファンタジックな展開になるストーリーのギャップに唖然とした。また、彼の波瀾万丈な半生が描かれていなかったのは残念だ。映画の約半分をフランス語の台詞だったオダギリジョーの役者魂には脱帽させられたが、戦争協力やフランスへの帰化等、彼の何を伝えたかったのかまったく理解できなかった・・・


評価:がんばろう

監督:小栗康平
出演:オダギリジョー、中谷美紀、アナ・ジラルド、アンジェル・ユモー、マリー・クレメール、加瀬亮、りりィ、岸部一徳、青木崇高、福士誠治、井川比佐志、風間杜夫・・・他
製作国:日本、フランス
配給:KADOKAWA

【FOUJITA】
http://foujita.info/

評価・紹介No.:2015-219
スポンサーサイト
【2015/11/30 03:55】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する