[PR] 株式情報
『リトルプリンス 星の王子さまと私』
あの王子さまに会いたい。


飛行士の夢を乗せて、
9歳の女の子は旅立つ──









アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説「星の王子さま」の話と、その後日譚を描いたファンタジー・アニメ。


よい学校に入るため、名門校の学区内に引っ越してきた9歳の女の子。友だちもつくらず勉強漬けの日々。その隣には、風変わりなおじいさんが住んでいた。引っ越してきて以来、おじいさんのことが気になっていた女の子は、ある日母親に黙っておじいさんと会い仲良くなる。若い時に飛行士だったというおじいさんは、砂漠で出会った小さな王子さまとの思い出を語るのだった・・・



1943年に出版されて以来1億4500万部以上を売り上げ、世界中で愛され続けているアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」の話を、後日譚から遡り聞かせている。メインは「星の王子さま」のお話だが、名門校に入るため母親の言うことをきき、友だちもつくらず勉強に励む9歳の女の子の冒険と成長も描いている。母親の言いなりだった女の子が、好奇心を持ち自分の殻を破り、冒険し成長していく姿は清清しく美しい。CGアニメで描かれた女の子の世界(現実の世界)と、ストップモーション・アニメーションで描かれた「星の王子さまの世界」と、二つの手法で二重構造の世界を創り出しているのはファンタジック。子どもより、大人が楽しめ感動する映画だったのではないだろうか。


評価:よくできました

原題:The Little Prince
監督:マーク・オズボーン
原作:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
出演:ジェフ・ブリッジス、レイチェル・マクアダムス、ポール・ラッド、バッド・コート、マリオン・コティヤール、ベニチオ・デル・トロ、ジェームズ・フランコ、リッキー・ジャーヴェイス、ポール・ジアマッティ、ライリー・オズボーン、アルバート・ブルックス、マッケンジー・フォイ・・・他
日本語吹替:鈴木梨央、瀬戸朝香、津川雅彦、ビビる大木、伊勢谷友介、滝川クリステル、竹野内豊、池田優斗・・・他
製作国:フランス
配給:ワーナー・ブラザース

【リトルプリンス 星の王子さまと私】
http://wwws.warnerbros.co.jp/littleprince/

評価・紹介No.:2015-223
スポンサーサイト
【2015/12/04 03:57】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する