[PR] 株式情報
『ハッピーエンドの選び方』
それは、
自分の最期を
自分で選ぶ発明。



発明好きのヨヘスケル。病に苦しむ友人から頼まれた“ある発明”が思わぬ評判を呼んで──!?
大切な絆、人生の輝きが見えてくる、笑いと涙に包まれた感動の物語。
自分らしく選べれば、それが私のハッピーエンド。










イスラエルのある老人ホームを舞台に、人生の終盤に差し掛かった老人たちの最期の選び方をユーモラスに描いたヒューマン・ドラマ。


妻のレバーナと一緒に老人ホームに暮らすヨヘスケルは、みんなの生活を少しだけ楽にするような発明が趣味。ある日、彼は望まぬ延命治療に苦しむ親友友マックスと妻のヤナから頼まれ、自らスイッチを押して苦しまずに最期を迎えられる装置を発明する。同じホームの仲間たちの手を借り、安らかに旅立つマックスを見送る。秘密にしていたはずの発明だったが、瞬く間に広まり依頼が殺到してしまう。そんななか、愛するレバーナに認知症の兆候があらわれはじめ・・・


イスラエルの老人ホームを舞台に、「生と死」というのをテーマにしたドラマだ。人間として避けられない“死”や“病”にどのように向き合うかをユーモラスに描いている。安楽死、尊厳死、認知症とヘビーすぎる内容なのだが、主人公・ヨヘスケルの優しさや老人たちのコミカルな描写が重いテーマを優しく観させてくれる。お薬お知らせマシーン、神様と話せる電話、自分の最期を自分で選べる発明と、ヨヘスケルの発明には愛がある。認知症を発症した妻レバーナの決断と、その決断を受け入れたヨヘスケルの夫婦愛には涙がこぼれた。日本語タイトルは「ハッピーエンド・・・」と軽いノリになっているが、原題は「The Farewell Party」(=送別会)なので、タイトルに惑わされぬように。自分の「エンディングノート」について考えさせられる映画だった。


評価:大変よくできました

原題:The Farewell Party
監督:シャロン・マイモン、タル・グラニット
出演:ゼーヴ・リヴァシュ、レヴァーナ・フィンケルシュタイン、アリサ・ローゼン、イラン・ダール、ラファエル・タボール・・・他
製作国:イスラエル、ドイツ
配給:アスミック・エース

【ハッピーエンドの選び方】
http://happyend.asmik-ace.co.jp/

評価・紹介No.:2015-225
スポンサーサイト
【2015/12/06 02:53】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する