[PR] 株式情報
『母と暮せば』
もう息子には会えないと、思っていました。








戦後の長崎を舞台に、原爆で命を落とした息子の亡霊とこの世に残った母が織り成すファンタジック・ドラマ。


1948年8月9日、長崎。助産師をしている伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこりと現れる。それ以来、ちょくちょく現れるようなった浩二は、母と楽しかった思い出から他愛もないことまでたくさん話をするのだったが、恋人だった町子の話になると自分の死を受け入れられない浩二だった。二人で過ごす時間は奇妙だが喜びに満ち、その幸せは永遠に続くようにみえたが・・・



作家の井上ひさしが書き上げ映画化もされた「父と暮らせば」。原爆が落ちた広島を舞台に死んだ父と生き残った娘の物語「父と暮らせば」の対となるように山田洋二監督がメガホンを取った物語だ。原爆が落ちた長崎を舞台に、原爆により死んだ息子と残された母の物語だ。生前の楽しかった思い出、他愛もない話と、母と息子のほのぼのした中に、二人の未練や葛藤が描かれ描かれ切なさが込み上げる。また、冒頭での原爆爆発描写や行方がわからない父の消息を聞きにきた少女のエピソードと、戦争に対する描写は胸が締め付けられる思いだ。山田監督の反戦のメッセージと、母子の愛が心に痛く刺さった。ただ、ラストの描写はこれでよかったのかと疑問が残る。息子に対する未練はわかるが、その死に対して受け入れてほしかったように思う。


評価:よくできました

監督:山田洋次
出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、広岡由里子、本田望結、小林稔侍、辻萬長、橋爪功・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【母と暮せば】
http://hahatokuraseba.jp/

評価・紹介No.:2015-233
スポンサーサイト
【2015/12/16 03:32】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する