[PR] 株式情報
『わたしはマララ』
“ふつう”の女の子が、
世界をかえようとしている。



なぜ彼女は17歳でノーベル平和賞を受賞したのか?
タリバンに撃たれても、本気で世界を変えようとしている少女と、家族の絆の物語。









17歳でノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララ・ユスフザイイの素顔に迫るドキュメンタリー。


詩人で学校の経営者である父と、文字の読めない母の長女として生まれたマララは、パキスタンのスワート渓谷で育ち、タリバンに支配されたスワート渓谷の教育事情や生活についてブログを書き始める。しかし、ニューヨークタイムズのドキュメンタリーに出演したことで身元が知れタリバンの標的になってしまい、2012年、当時15歳だったマララはスクールバスで下校途中、友人とともに頭部を撃たれ昏睡状態に陥ってしまう。奇跡的に一命をとりとめた彼女は、教育活動家として歩んでいくのだった・・・



2012年にタリバンから銃撃を受け瀕死の重傷を負いながらも、その活動の功績を称えられ2014年に17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイ。その名前の由来、生い立ち、教育活動家として歩む姿、そして素顔の彼女の姿を追ったドキュメンタリー映画だ。マララという名は、アフガニスタンの伝説英雄「マイワンドのマラライ」にちなんで名づけられた名前だ。家ではあどけなく普通の生活を送る少女が、「女性にも教育を」と訴え、タリバンから銃撃されても、自分の信念を曲げずタリバンに屈しない勇気に彼女の力強さを感じる。十代という若い年齢でありながら、しっかりとした発言やスピーチには感動を覚える。ただ、映画としては彼女が教育活動家として歩んでいく動機等があまり見えず、ドキュメンタリー映画としては薄っぺらさを感じてしまった。


評価:よくできました

原題:He Named Me Malala
監督:デイビス・グッゲンハイム
出演:マララ・ユスフザイ、ジアウディン・ユスフザイ、トール・ペカイ・ユスフザイ・・・他
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス

【わたしはマララ】
http://www.foxmovies-jp.com/malala/

評価・紹介No.:2015-234
スポンサーサイト
【2015/12/17 03:39】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する