[PR] 株式情報
『Wake Up, Girls! 続・劇場版 後篇[Beyond the Bottom]』
真摯であること、
正直であること、
一生懸命であること。



アイドルの祭典、再び。躍動する7人の少女たち、未来への後篇。








宮城県の仙台を拠点に活動をする7人組少女アイドルグループ “Wake Up, Girls!” の奮闘を描いた青春ストーリーの続編2部作の後編。


「アイドルの祭典」での活躍が認められ、東京に進出した“Wake Up, Girls!”だったが、ブレイクの立役者だったプロデューサー・早坂が手を引き、激動する東京の芸能界で苦い挫折を経験する。それでもあきらめずに前に進もうとする彼女たちに、早坂は新曲を提供する。心機一転して地元仙台から活動を再開した彼女たちは、その地道な努力が着実に全国のファンへと届き始めるのだった・・・



テレビアニメ「Wake Up, Girls!」の続編だ。メジャーデビューし順風満帆に思えた“Wake Up, Girls!”だったが、激動する芸能界で挫折を味わった彼女たちの姿を描いた前編。後編は、アイドルの祭典に再び参加し頂点を目指すため、仙台から再スタートし成長していく彼女たちの姿を描いている。「WUGらしさは何か?」というのを問いかけ、日常ライブや全国行脚を通して自分たちらしさを見つけ出し成長していく彼女たちの姿は清清しく感じる。ただストーリーとしては、“I-1club”のセンター争いやI-1clubの派生ユニット“ネクストストーム”の登場、菜々美の光塚歌劇団入試、そして「アイドルの祭典」の3ユニットの激突が総集編のように駆け足で進んでしまっており、詰め込みすぎて薄すぎる。せめて「アイドルの祭典」でのWUG、I-1、ネクストストームのライブはしっかり描いてほしかった。


評価:がんばろう

監督:山本寛
原作:Green Leaves
原案:山本寛
出演:吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑、日高のり子、浅沼晋太郎、鈴村健一、島崎信長、岡本寛志、福沙奈恵、上田麗奈、安済知佳、高野麻里佳、甘束まお・・・他
製作国:日本
配給:東宝映像事業部

【Wake Up, Girls! 続・劇場版 後篇[Beyond the Bottom]】
http://wakeupgirls2.jp/

評価・紹介No.:2015-236
スポンサーサイト
【2015/12/19 03:37】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する