[PR] 株式情報
『パディントン』
きっと見つかる、
もっといいこと。



家を探しにロンドンへやってきたのは、紳士すぎるクマだった!








世界40カ国以上で翻訳され世界中の人々から愛されてきたマイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」の実写映画化。ペルーのジャングルの奥地からロンドンへやって来たクマの冒険を描いたハートフル・コメディ。


イギリスの探検家に会うために。ペルーのジャングルの奥地から真っ赤な帽子をかぶった小さな熊がロンドンへやって来た。通行人に語りかけても誰からも相手してもらえず大きな駅で途方に暮れているところ、ブラウン一家に出会い、屋根裏に泊めてもらうことになる。パディントンと名付けられたクマは、ブラウン一家の力を借りて探検家を探すのだが・・・



ペルーのジャングルの奥地からやって来た真っ赤な帽子をかぶったパディントン。礼儀正しく丁寧な話し方の紳士なパディントンが、慣れない都会の暮らしでドタバタしながら昔ペルーに来た探検家を探す冒険物語だ。家中を水浸しにしたり、スリを捕まえたり、空を飛んだりとドタバタの連続は観ていて思わず笑ってしまう。ブラウン一家と生活し、一緒に探検家探しをするうちに芽生えるクマと人間の絆には感動をしてしまう。パディントンを捕まえて剥製しようとする謎の美女の過去にはちょっと切なさを感じる。真っ赤な帽子をかぶり青いダッフルコートを着たパディントンが可愛らしく、パディントンの姿を見ているだけで癒され、冒険ストーリーにワクワクし、最後は感動してしまう映画で非常に楽しめた。


評価:大変よくできました

原題:Paddington
監督:ポール・キング
原作:マイケル・ボンド「くまのパディントン」
出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ピーター・キャパルディ、ニコール・キッドマン、マデリーン・ハリス、サミュエル・ジョスリン、マイケル・ボンド、マット・ルーカス、ジュード・ライト、ケイヴァン・ノヴァク、ベン・ウィショー、イメルダ・スタウントン、マイケル・ガンボン・・・他
製作国:イギリス
配給:キノフィルムズ

【パディントン】
http://paddington-movie.jp/

評価・紹介No.:2016-011
スポンサーサイト
【2016/01/21 03:18】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する