[PR] 株式情報
『白鯨との闘い』
伝説の白鯨との死闘。
生き延びる為に、男たちが下した
“究極の決断”とは――



名著『白鯨』の、
隠され続けてきた衝撃の実話。








アメリカの小説家・ハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」のモデルとなった捕鯨船エセックス号の悲劇の実話を描いたサバイバル・アドベンチャー。


1819年、一等航海士オーウェンと仲間たちは、鯨油を入手するため捕鯨船エセックス号で太平洋を目指して出航した。やがて未知の海域でマッコウクジラの大群を見つけるが、巨大な白いマッコウクジラにより船を沈没させられるのだった。3艘のボートで脱出した彼らは、僅かな水と食料で漂流するのだった・・・



ハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」の基となった捕鯨船エセックス号の海難事故。実際に起こった海難事故を、乗組員だった老人の目線からその壮絶さを語り聞かせるストーリーだ。邦題は「白鯨との闘い」ということだが、白鯨と人間のバトルではなく、白鯨との死闘により船が沈没し、わずかな食料と水での漂流生活で見せる極限状態の人間の姿を映し出している。グロ描写こそないが、あまりにも壮絶すぎる漂流には絶句してしまう。ただ、漂流するまでの人間関係、漂流となった原因が自業自得で、冷めた目で見てしまう。また、無理矢理感動作にしようとしている演出にはあざとさを感じてしまった。CGで作られた白鯨の迫力には圧倒された。


評価:よくできました

原題:In the Heart of the Sea
監督:ロン・ハワード
原作:ナサニエル・フィルブリック「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」
出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン、ミシェル・フェアリー、ポール・アンダーソン、フランク・ディレイン、ジョゼフ・マウル、エドワード・アシュレイ、サム・キーリー、ゲイリー・ビードル、シャーロット・ライリー、ドナルド・サンプター、ジョルディ・モリャ・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【白鯨との闘い】
http://wwws.warnerbros.co.jp/hakugeimovie/

評価・紹介No.:2016-012
スポンサーサイト
【2016/01/22 03:06】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する