[PR] 株式情報
『ベトナムの風に吹かれて』
若き日に憧れていたあの国で
今、母と生きていく



雪降りしきる越後から、熱気あふれるベトナムへ。人生の冒険はつづく。








ベトナムで日本語教師として働く小松みゆきの認知症の母親とのベトナム生活を綴ったエッセイの映画化。


ベトナムで日本語教師として働くみさおは、父の死をきっかけに認知症が進んだ母とベトナムで生活することを決意する。母が巻き起こすハプニングも、ベトナムの人々は温かく二人を受け入れ、言葉は通じなくとも心を通わせていく。しかし、思いがけない母のケガにより激化する介護に疲弊するみさおだった・・・



ベトナムのハノイで日本語教師として働く日本人女性・小松みゆきが認知症の母親とのベトナム生活を綴ったエッセイ「越後のBaちゃんベトナムへ行く」を原案にしたヒューマン・ドラマだ。認知症老人の介護、ベトナムの人々との交流、ベトナムの戦争等の歴史といったものを描いている。第二次世界大戦後ベトナムに残りベトナム独立戦争に参加した残留日本人兵と現地女性との結婚悲話に涙し、優しく温かいベトナムの人々に心が温かくなったが、主人公の認知症老人の介護話がイマイチしっくりこない。事故を起こしケガをさせ、事を大きくする割りには何も解決させず最後には何事もなかったようにスルーしてしまっているのは如何なものかと思ってしまう。また、旧友との再会とロマンス等、脈絡のないエピソードを入れ何を伝えたいのかまったくわからない展開になっているのも困りものだ。認知症の母役の草村礼子のかわいらしいおばあちゃんには笑えほのぼのとさせられただけに、ストーリーの悪さが目立ってしまったのは残念だった・・・


評価:がんばろう

監督:大森一樹
原作:小松みゆき「ベトナムの風に吹かれて」「越後のBaちゃんベトナムへ行く」
出演:松坂慶子、草村礼子、藤江れいな(NMB48)、山口森広、貴山侑哉、斎藤洋介、松金よね子、柄本明、奥田瑛二、吉川晃司・・・他
製作国:日本、ベトナム
配給:アルゴ・ピクチャーズ

【ベトナムの風に吹かれて】
http://vietnamnokaze.com/

評価・紹介No.:2016-016
スポンサーサイト
【2016/02/02 03:14】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する