[PR] 株式情報
『信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)』
いつの時代も、やっぱ平和が一番でしょ!







石井あゆみの原作漫画で、2014年にフジテレビ系列でドラマ化された「信長協奏曲」の劇場版。


戦国時代にタイムスリップした高校生・サブローは、自分と顔がソックリな織田信長と出会い、信長として生きることになってしまう。戦のない世を作るために天下統一を目指すサブローは安土城を築城するが、同じように未来からタイムスリップしてきた松永から自分が死ぬという歴史を知る。信長を怨む羽柴秀吉、周囲から愛されるサブローに嫉妬する本物の信長こと明智光秀とサブローの寝首をかこうと狙っていた。死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意するのだが・・・



原作は石井あゆみの漫画で、2014年にテレビアニメ化とドラマ化された「信長協奏曲」。そのテレビドラマ版の続編で、平成から戦国時代へタイムスリップし、織田信長として生きた高校生の姿を描いたドラマ完結編だ。歴史に疎い高校生が、史実を知らないまま現代のノリで天下統一を成し遂げようとする姿はテレビ版同様ユーモラス。信長の運命となる本能寺の変の首謀や怨み、嫉妬といった人間模様も興味深い。サブローと帰蝶との夫婦漫才等ほっこりとする。サブローの運命からラストにかけては賛否が分かれるところだが、ドラマ版完結としては納得できるところだろう。ただ、あまりにも軽すぎるノリには萎えてしまい、全体的に物足りなさを感じてしまった。


評価:がんばろう

監督:松山博昭
原作:石井あゆみ「信長協奏曲」
出演:小栗旬、柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、水原希子、古田新太、濱田岳、高嶋政宏、でんでん、勝矢、阪田マサノブ、阿部進之介、北村匠海、山田孝之・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【信長協奏曲】
http://www.nobunaga-concerto-movie.com/

評価・紹介No.:2016-017
スポンサーサイト
【2016/02/03 03:27】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する