[PR] 株式情報
『キャロル』
このうえもなく美しく、
このうえもなく不幸なひと、キャロル。

あなたが私を変えた。








アメリカの大人気作家パトリシア・ハイスミスが別名義で1952年に刊行した小説の映画化。1950年代のニューヨークを舞台に、魅惑的な年上の女性に心を奪われた若い女性の禁断の恋の行方を描いたラブロマンス。


1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズは、娘のクリスマスプレゼントを探しに訪れた美しく魅力的なキャロルに目を奪われる。キャロルが忘れていった手袋を届けたことをきっかけに、二人は会っては話をする仲になる。キャロルが夫と離婚訴訟中であることを知るテレーズ。クリスマス休暇、テレーズは孤独なキャロルから車での小旅行に誘われ、ともに旅立つが・・・



同性愛に対し変質者として見られていた時代に人妻と女性店員の恋愛を描き、百万部をこえるベストセラーとなったパトリシア・ハイスミスの原作小説の映画化だ。恋人からの求婚に思い悩むテレーズ、不幸な結婚生活に終止符をうち最愛の娘の親権を得ようと必死なキャロル。静かに流れるストーリーと惹かれあう二人の物語は非常に美しい。姑息なキャロルの夫の行動にも負けず、自分の生き方を通した二人の姿には心打たれた。50年代のアメリカのレトロな雰囲気と余韻もよい。映画としては男性より女性のほうが共感できるところが多いのではないだろうか。


評価:よくできました

原題:Carol
監督:トッド・ヘインズ
原作:パトリシア・ハイスミス「キャロル」
出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カイル・チャンドラー、ジョン・マガロ、コーリー・マイケル・スミス、ケヴィン・クローリー・・・他
製作国:アメリカ
配給:ファントム・フィルム

【キャロル】
http://carol-movie.com/

評価・紹介No.:2016-031
スポンサーサイト
【2016/02/20 03:35】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する