[PR] 株式情報
『セーラー服と機関銃 ―卒業―』
卒業間近の女子高生がなぜか…
ヤクザの組長!?



気分爽快!
超絶★快感エンターテインメント!>








赤川次郎の小説「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」の実写映画化。元ヤクザの組長だった女子高生が、町を狙っているヤクザ組織から町を救うため立ち上がる姿を描いた青春エンターテインメント。


高校3年生の星泉は、機関銃を抱えて伯父を殺害した相手に殴り込みをかけたという過去を持つ元ヤクザの組長だった。いまは、組を解散しシャッター商店街の一角でメダカカフェを経営しながらふつうの高校生活を送っていた。そんなある日、ニセモデル詐欺に巻き込まれた同級生の相談を受けたことから、泉の周辺に再び不穏な空気が漂いはじめるのだった・・・



1981年に薬師丸ひろ子主演で劇場公開され、その後も原田知世や長澤まさみ主演でテレビドラマ化もされた赤川次郎原作の小説「セーラー服と機関銃」。その一年後を描いた小説「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」を、角川映画40周年記念作品として実写映画化したものだ。元ヤクザの組長だった女子高生が都市開発を進めるヤクザ組織から問題解決するために立ち上がるといったストーリー。シャッター商店街、介護ビジネス、違法薬物販売、就職問題、暴力団排除条例というものを散りばめながら、女子高生組長が奮闘する姿をコミカルな描写を交えながら描いている。青春要素を前面に爽やかには描いているが、任侠モノとしてはイマイチな内容だ。違法薬物や介護ビジネスなどインテリヤクザのあくどさを強調してほしかった。脚本はイマイチだったが、千年さんこと橋本環奈を魅せるアイドル映画としてはうまく撮れていたのではないだろうか。機関銃片手にセーラー服で歩く姿やラストの浴衣姿等、彼女のファンやオジサンたちはキュンとしてしまうんじゃないだろうか。薬師丸ひろ子版のオマジューなんかはちょっと涙モノかも・・・


評価:がんばろう

監督:前田弘二
原作:赤川次郎「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」
出演:橋本環奈、長谷川博己、安藤政信、大野拓朗、宇野祥平、古舘寛治、北村匠海、前田航基、ささの友間、柄本時生、岡田義徳、奥野瑛太、鶴見辰吾、榎木孝明、伊武雅刀、武田鉄矢・・・他
製作国:日本
配給:KADOKAWA

【セーラー服と機関銃 -卒業-】
http://sk-movie.jp/

評価・紹介No.:2016-045
スポンサーサイト
【2016/03/09 03:37】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する