[PR] 株式情報
『エヴェレスト 神々の山嶺』
生きて、必ず帰る


標高8,848M、氷点下50℃、極限の世界に挑む







夢枕獏の原作山岳小説「神々の山嶺」の実写映画化。世界最高峰のヒマラヤ山脈エヴェレストを舞台に、孤高のクライマーと野心家のカメラマンが前人未踏の過酷な挑戦に臨む姿を描いた山岳アドベンチャー。


ネパールの首都カトマンズで、カメラマンの深町はふと立ち寄った骨董屋で古いカメラを発見する。それは1924年にエヴェレスト頂上を目指しながら行方不明になったイギリス人登山家ジョージ・マロリーの物である可能性に気付く。カメラについて調べを進める深町は、数年前に消息を絶った孤高の天才クライマー羽生に出会う。深町は羽生の過去を調べるうちに、その生き様にのみ込まれていくのだった・・・



前人未到のエヴェレスト南西壁冬期無酸素単独登頂に挑む孤高のクライマーと、彼の生きざまに憑りつかれた野心家のカメラマンが、エヴェレスト登頂に挑戦する姿を描く。貧乏クライマーが名を売るために数々の難所を攻略するが山を優先するが故に孤高のクライマーとなった羽生。天才かもしれないがあまりにも利己主義で共感できない。そしてただ変人なだけで魅力が感じられない。エヴェレストの標高5200M級で命懸けで敢行した撮影は凄いと思うが、その凄さが映像として活かされていないの残念だ。山岳ドラマとしてもヒューマンドラマとしても成立してしておらず、何を伝えたかったのかがよくわからずもやもやした気持ちが残る映画だった。


評価:がんばろう

監督:平山秀幸
原作:夢枕獏「神々の山嶺」
出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、テインレィ・ロンドゥップ、山中崇、佐々木蔵之介・・・他
製作国:日本
配給:東宝、アスミック・エース

【エヴェレスト 神々の山嶺】
http://everest-movie.jp/

評価・紹介No.:2016-051
スポンサーサイト
【2016/03/18 03:15】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する