[PR] 株式情報
『アーロと少年』
初めて、誰かを守りたかった――。


大きいけれど弱虫な恐竜アーロと
小さいけれど勇敢な少年スポット
でも、見ている世界は一緒だった。








恐竜の絶滅が起こらなかった世界を舞台に、恐竜と人間の子供出会い友情を育んでいく様を描いたファンタジー・アドベンチャー。


6500年前、地球に隕石が地球に衝突せず、恐竜たちが絶滅を免れた世界。弱虫で甘えん坊の恐竜アーロは、激しい嵐で最愛の父親を亡くして、川に流されてしまい、見知らぬ土地で目を覚ます。そんなアーロを救ってくれたのは、人間の少年スポットだった。反発しながらも、アーロはスポットに少しずつ心を開き、アーロの家族が待つ家を目指し二人で冒険を始めるのだったが・・・



地球に隕石の衝突から逃れ恐竜が絶滅せず、言葉を話し農作業をする進化した恐竜と言葉も話せない進化していない人間が住む異世界が舞台。甘えん坊で臆病な性格の恐竜アーロと体は小さくても怖いもの知らずの少年スポットが出会い、反発し合いながらも友情・絆を深め成長していくというストーリーだ。動物と人間の友情物語はよくあるが、それを逆転させファンタジックに描いている。ありきたり感のストーリーだが、ディズニー/ピクサーらしい優しくて温かい内容に心がホッとさせられる。美しくてファンタジックな映像と日本語吹替え版のエンディングで流れるKiroroの「Best Friend」に癒される。もう少し捻りが欲しかったところだが、春休みに家族と一緒に観て楽しめる映画ではないだろうか。


評価:よくできました

原題:The Good Dinosaur
監督:ピーター・ソーン
原案:ピーター・ソーン、エリック・ベンソン、メグ・レフォーヴ、ケルシー・マン、ボブ・ピーターソン
出演:レイモンド・オチョア、ジャック・ブライト、サム・エリオット、アンナ・パキン、A・J・バックリー、ジェフリー・ライト、フランシス・マクドーマンド、スティーヴ・ザーン・・・他
(日本語吹替え:安田成美、松重豊、八嶋智人、片桐はいり、石川樹・・・他)
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【アーロと少年】
http://www.disney.co.jp/movie/arlo.html

評価・紹介No.:2016-054
スポンサーサイト
【2016/03/24 02:55】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する