[PR] 株式情報
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
世紀の対決。







アメリカン・コミックの「DCコミックス」のスーパーヒーローのバットマンとスーパーマンがクロスオーバーするSFアクション。


大企業のトップを務めるブルース・ウェインは、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマからバットマンとしてゴッサム・シティの平和を守ってきた。クリプトン星人のスーパーマンはメトロポリスの新聞記者クラーク・ケントとして働きながら、そのスーパーパワーで幾度となく人類の危機を救ってきた。しかし、スーパーマンのパワーが人類の脅威となる。この事態を受け、バットマンはスーパーマンに対抗することのできる唯一の切り札として、人々の民意を背負い戦いの表舞台へ立つのだった・・・



「DCコミックス」のスーパーヒーロー、バットマンとスーパーマン。世界で最も有名な2大スーパーヒーローが激突する内容だ。(日本でいえば仮面ライダーvsスーパー戦隊といったところだ)作品としては2013年に公開されたスーパーマンを主人公とした「マン・オブ・スティール」の続編。人類の危機を救ってきたスーパーマンのスーパーパワーが皮肉にも人類の脅威となってしまう。まぁ、それには裏があるのだが、ネタバレになるので割愛するが、2大スーパーヒーローの激突は観ていてアドレナリン出しまくりだ。クライマックスにはイケイケドンドンなアマゾネス族の王女・ワンダーウーマンの無双っぷりも観れてもうそこだけでおなかいっぱい状態かも。スーパーマンの宿敵・レックス・ルーサー役のジェシー・アイゼンバーグの軽妙な早口も冴えている。この戦いの後に「ジャスティス・リーグ」と繋がっていくわけだが、リーグのメンバーとなるヒーローもチラッと出ているので要チェックだ。


評価:大変よくできました

原題:Batman v Superman: Dawn of Justice
監督:ザック・スナイダー
原案:ザック・スナイダー、デヴィッド・S・ゴイヤー
原作:DCコミックス
出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター、ガル・ガドット・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生】
http://wwws.warnerbros.co.jp/batmanvssuperman/

評価・紹介No.:2016-058
スポンサーサイト
【2016/03/29 03:49】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する