[PR] 株式情報
『砂上の法廷』
正義は、こんなにも脆いのか?


嘘塗れの自白、証拠、証言──絶対不利な裁判に敏腕弁護士が挑む、至極の法廷ミステリー。
94分、あなたは騙され続ける。








父親殺害容疑となった息子が完全黙秘を続ける中、少年の弁護を担当した敏腕弁護士が絶対不利な裁判に挑む法廷ミステリー。


ある大物弁護士が自宅で殺され、容疑者として17歳の息子が逮捕された。弁護を引き受けることになった敏腕弁護士ラムゼイは、法廷で次々と彼の有罪を裏付ける証言が飛び出すが、その証言の中に嘘があることに気付く。有罪確定に見えた裁判の流れが変わりはじめた矢先、被告人が沈黙を破り、衝撃の告白をはじめるのだった・・・



真実のみが語られるはずの法廷を舞台に、二転三転する裁判の行方を描いた法廷ミステリーだ。黙秘を続ける被告人の衝撃の告白、なにか怪しい証人の証言、信用できない陪審員、被告人もその母も怪しいという状況の中、どのように弁護し無罪を勝ち取るか。二転三転しいく法廷、ネタバレ厳禁なラストと展開は非常におもしろい。しかし、あまりにも淡々と進んで行くため睡魔に襲われてしまう。証拠を揃えずに無罪を勝ち取ろうとする弁護士の無謀さ、そして驚愕のラストが放り投げ状態になってしまっているところには脱力してしまい、エンドクレジットが出たときのガッカリ感はユダ級だった。証人、陪審員、判事の心理を動かす内容にしてほしかった。


評価:がんばろう

原題:The Whole Truth
監督:コートニー・ハント
出演:キアヌ・リーヴス、レニー・ゼルウィガー、ググ・ンバータ=ロー、ガブリエル・バッソ、ジム・ベルーシ・・・他
製作国:アメリカ
配給:ギャガ

【砂上の法廷】
http://gaga.ne.jp/sajou/

評価・紹介No.:2016-060
スポンサーサイト
【2016/03/31 03:10】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する