[PR] 株式情報
『仮面ライダー1号』
原点にして頂点。爆音あげて蘇れ!
ライダー変身!!







仮面ライダー生誕45周年、スーパー戦隊作品40作品を記念した「スーパーヒーローイヤー」と銘打ったプロジェクトの第1弾。


今から45年前、悪の秘密結社ショッカーによって改造人間にされた本郷猛は、人間の自由を守るために戦い続けていた。長年に渡り海外で悪と戦ってきた本郷は、彼の師であった立花藤兵衛の孫・麻由がショッカーの元幹部地獄大使を復活させるために狙われていることを知り帰国する。仮面ライダーゴースト=天空寺タケルやその仲間たちと出会い、彼女を守ろうと動き出す本郷だったが、長年に渡る激闘により肉体は限界近づいていた。一方、ショッカーを裏切った怪人たちにより新たに結成されたノバショッカーも、恐るべき計画を始動させていた・・・



1971年に誕生したヒーロー「仮面ライダー」。その生誕45周年のメモリアル作品だ。藤岡弘、演じる本郷猛役=仮面ライダー1号を主人公に現在放送中の仮面ライダーゴーストの世界で戦うストーリーだ。藤岡弘、が変身するのは、2014年の「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」以来。レジェンド藤岡弘、のアクション、バイクライディング、変身ポーズは、当時リアルタイムで観ていたオジサンたちは涙モノだ。1号ライダーの造形には賛否分かれるところだろうが初期ライダーを彷彿させ新鮮さと懐かしさが。ショッカーの内部分裂、ノバショッカーの経済による世界の掌握等、設定としてのおもしろさや、ゴースト、スペクターがYouTubeで配信された「伝説!ライダーの魂!」で登場する平成ライダーフォームで戦い楽しませてくれる。ただ、本郷猛が日雇い労働をしたりする姿は観たくなかったと思うファンは多いはず。予告編では「本郷猛、これが最後の変身!?」というナレーションが入るが、藤岡弘、には、死ぬまで変身し続けてほしい!


評価:よくできました

監督:金田治
原作:石ノ森章太郎「仮面ライダー」
出演:藤岡弘、、西銘駿、岡本夏美、阿部力、長澤奈央、武田幸三、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、岩崎う大(かもめんたる)、槙尾ユウスケ(かもめんたる)、飯塚昭三、悠木碧、関智一、石井康嗣、竹中直人、大杉漣・・・他
製作国:日本
配給:東映

【仮面ライダー1号】
http://www.superhero-movie.com/

評価・紹介No.:2016-061
スポンサーサイト
【2016/04/01 03:49】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する