[PR] 株式情報
『無伴奏』
こんなに好きだったのに――
あなたは誰を愛してるの?



秘密の恋に揺れ動く男女の切なく耽美なラブストーリー







直木賞作家の小池真理子の半自伝的同名小説の映画化。1970年前後の仙台を舞台に、バロック喫茶で出会った男女の恋模様を描いた青春ドラマ。


学生運動により日本中が混沌としていた 1969年仙台。多感な女子高校生・響子は、制服廃止闘争委員会を結成し、学園紛争にのめり込んでいた。ある日、同級生のレイコに連れられクラシック音楽が店内に響く喫茶店「無伴奏」を訪れた彼女は、大学生の渉とその仲間たちと出会う。彼らと意気投合した響子は、いつしか渉に強く惹かれていくのだった・・・



日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした昭和40年代。学生運動に感化され、制服廃止闘争委員会を結成し学園紛争にのめり込む主人公が、クラシック音楽が店内に響く喫茶店で知り合った大学生と恋をし嫉妬し不安に駆られる姿を描いたドラマだ。サ・昭和な感じはだしているのだが、制服廃止闘争委員会を結成しながらも強い思いがないヒロイン、無気力感しか感じられない大学生の渉と祐之介。主人公たちの姿を見ていて、もどかしさと嫌悪感しか感じられない。事件や渉と祐之介の関係、そして成海璃子演じる響子の濡れ場もすべてが中途半端。ラストもそんなに早く踏ん切りがついたのかとツッコミたくなる。矢崎仁司監督は、なんとか文学的な映画に仕上げたかったのだろうが、結局はなにが言いたかったのかよくわからない映画だった。


評価:がんばろう

監督:矢崎仁司
原作:小池真理子「無伴奏」
出演:成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、松本若菜、酒井波湖、仁村紗和、斉藤とも子、藤田朋子、光石研・・・他
製作国:日本
配給:アークエンタテインメント

【無伴奏】
http://mubanso.com/

評価・紹介No.:2016-063
スポンサーサイト
【2016/04/05 02:50】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する