[PR] 株式情報
『あやしい彼女』
いきなり、
20才(ハタチ)。








73歳のおばあちゃんが、ひょんなことから20歳の女性へと若返り、失われた青春を取り戻そうと奮闘する姿を描いたファンタジック・コメディ。


周囲から煙たがられる73歳のおばあちゃん瀬山カツは、娘の幸恵と喧嘩をし家を飛び出してしまう。ふと目に留まった写真館に入り、写真を撮り店を出ると20歳の姿に変わってしまっていた。髪型、洋服、そして名前を大鳥節子と変え、人生を取り戻そうと決意する。ある日、町内会ののど自慢大会で得意の昭和歌謡を熱唱して会場中を魅了し、そして歌手になるチャンスが舞い込むのだった・・・



70歳を超えた毒舌のおばあちゃんが20歳に若返り、失われた青春を謳歌するストーリーで2014年に公開された韓国映画「怪しい彼女」(2015年には中国で「20歳よ、もう一度」が、ベトナムでは「私があなたのおばあさんだ」でリメイク)。その日本版としてリメイクされた映画だ。息子が娘に変更となり、アルバイト先が変わったりはしているが、20歳になった主人公が孫のバンドにボーカルとして加わり人生を謳歌するといったところは韓国版と同じだ。韓国版を観ていると焼回しのように思えてしまうが、笑いと涙はしっかり押さえている。(初見者にとっては新鮮)見どころは、多部未華子のコメディエンヌぶりと歌唱だ。「見上げてごらん夜の星を」、「真赤な太陽」、「悲しくてやりきれない」といった昭和歌謡を見事に歌い上げている。個人的な希望を言えば、日本オリジナルなラストで締めてほしかった。


評価:よくできました

監督:水田伸生
出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、三鴨絵里子、越野アンナ、久保佑太、Kilt、田村健太郎、温水洋一、野村周平、小林聡美・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【あやしい彼女】
http://ayakano.jp/

評価・紹介No.:2016-065
スポンサーサイト
【2016/04/07 03:16】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する