[PR] 株式情報
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
友情が、友情を引き裂く――


“禁断の戦い”(チーム・バトル)が始まる






マーベル・コミックの人気ヒーロー「キャプテン・アメリカ」の映画第3弾。


数々の危機を救ってきたアベンジャーズだったが、彼ら戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になり、アベンジャーズは国際的な政府組織の管理下に置かれ、無許可での活動を禁じられる。この処置にトニー・スターク(アイアンマン)は賛成するが、スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)は己の信念を貫きこれに強く反対する。2人の対立が深まる中、世界を震撼させるテロ事件が発生する・・・



「キャプテン・アメリカ」の映画シリーズ第3弾で、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の続編となるストーリーだ。世界の危機を救ったヒーロー軍団アベンジャーズも、その脅威から国連の管理下となる。平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたいという同じ想いを持ちながらも、考え方の違いで対立してしまうキャプテン・アメリカとアイアンマン。そしてその中を完全に引き裂いてしまうある男の復讐。仲間同士で戦ってしまうという葛藤と、過去の真実が非常に重く悲しく切ない。ストーリーとしては切ないが、ヒーロー同士が戦うアクションはワクワクとして楽しめる。特に飛行場での戦いは、新しく参戦した小さいおっさんや糸の少年等のヒーローの会話がなかなか愉快。対立してしまったキャプテンやアイアンマンの今後の動向が気になるところだ。


評価:大変よくできました

原題:Captain America: Civil War
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
原作:ジャック・カービー、ジョー・サイモン
出演:クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ドン・チードル、ジェレミー・レナー、チャドウィック・ボーズマン、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、ポール・ラッド、エミリー・ヴァンキャンプ、トム・ホランド、フランク・グリロ、ウィリアム・ハート、ダニエル・ブリュール、マーティン・フリーマン・・・他
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】
http://marvel.disney.co.jp/movie/civilwar.html

評価・紹介No.:2016-079
スポンサーサイト
【2016/05/04 03:27】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する