[PR] 株式情報
『64-ロクヨン-前編』
犯人は、まだ
昭和にいる。



わずか7日間で幕を閉じた、昭和64年。その間に起きた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。
未解決のまま時は過ぎ、時効まで1年と迫ったある日、「ロクヨン」を模した誘拐事件が発生する──







昭和64年に起きた未解決の誘拐事件「ロクヨン」をめぐる、警察内部の対立や県警と記者クラブとの衝突などを浮き彫りにした横山秀夫原作の小説の実写映画化。


昭和64年に起きた未解決の少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。事件から14年が過ぎ、時効まで1年と迫っていた。かつて刑事部の刑事として捜査にあたっていた三上は、現在は警務部の広報官として記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれきに神経をすり減らす日々を送っていた。そんなある日、ロクヨンを模した誘拐事件が発生する・・・



2015年にテレビドラマ化もされた横山秀夫原作小説の実写映画化2部作の前編。わずか7日で終わった昭和64年に起こった少女誘拐殺人事件=通称・ロクヨン。前編は、後半に続く序章といった感じのストーリーなのでロクヨン事件解決に関することは描かれていないが、ロクヨン事件に関わった捜査員のその後や隠蔽の事実、実名報道に対する県警と記者クラブとの衝突、刑事部と警務部の警察内部のあつれきと、派手さはないがかなり泥臭く重い内容が描かれている。ロクヨン事件隠蔽のきっかけとなったミスに関わった捜査員の苦悩や記者クラブとのいざこざに終止符を打とうとする広報官やその部下の姿には目頭が熱くなる。サスペンスドラマとしては後編に動くため評価はし辛いのだが、後編への期待を込めてこの評価にしてみた。後編での結末が楽しみだ。


評価:大変よくできました

監督:瀬々敬久
原作:横山秀夫「64(ロクヨン)」
出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、瑛太、永瀬正敏、三浦友和、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、金井勇太、小澤征悦、菅原大吉、烏丸せつこ、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、宇野祥平、菜葉菜、三浦誠己、嶋田久作、小橋めぐみ・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【64-ロクヨン-前編/後編】
http://64-movie.jp/

評価・紹介No.:2016-084
スポンサーサイト
【2016/05/10 02:54】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する