[PR] 株式情報
『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』
真実は、この「手」が知っている。


「モノに宿る“想い”を読み取る」能力を使った人探し。それは、あまりにも切ない事件の幕開けだった…。






残留思念を読み取ることができる特殊能力を持った元・お笑い芸人の男が、元相棒とともに連続殺人事件に挑む姿を描いた謎解きミステリー。


残留思念読み取ることができる仙石は、かつてその能力を使い丸山と一緒にお笑いコンビとして人気を博すが、その能力のせいで人間不信に陥りコンビを解消してマンションの管理人として静かに過ごしていた。そんなある日、女子高生の亜美から行方不明となったピアノの先生・雪絵を探してほしいと依頼される。一旦は依頼を断った仙石だったが、遺留品に触れたことで雪絵の映像を読み取ってしまい、元相方と一緒に雪絵探しを始めるのだった・・・



物や場所に残った人間の記憶、感情(=残留思念)を読み取ることができるスキャニングという特殊能力を持った元人気お笑い芸人の男が、怪しげな人探しから連続殺人事件を捜査し解決するといった謎解きミステリーだ。残留思念をスキャニングし謎解きしていくという設定は非常におもしろい。スキャニングした残留思念により二転三転していく内容もミステリーとしてワクワクとさせられる。しかし、あまりにも強引な展開や矛盾した内容に見ていて冷めてしまう。また、現代劇初挑戦の野村萬斎の台詞回しも狂言口調が残ってしまっており違和感が残った。続編を臭わすようなラストだったが、はたして続編はあるのか・・・?


評価:がんばろう

監督:金子修介
出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、梶原善、福本愛菜、岩田さゆり、北島美香、峯村リエ、嶋田久作、絲木建汰、篠原悠伸、高島豪志、風間杜夫、高畑淳子・・・他
製作国:日本
配給:東映

【スキャナー 記憶のカケラをよむ男】
http://www.scanner-movie.jp/

評価・紹介No.:2016-085
スポンサーサイト
【2016/05/11 03:00】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する