[PR] 株式情報
『フィフス・ウェイブ』
人類を滅亡に導く最後のWAVEとは──






リック・ヤンシーのヤングアダルト小説の実写映画化。謎の知的生命体の攻撃を受け壊滅状態となった地球を舞台に、人間と見分けのつかない敵と戦いながら離れ離れになった弟を捜し出そうとするする少女の姿を描いたSFミステリー。


ある日、地球から400km上空に巨大な未確認飛行物体が飛来する。圧倒的知能を持つ生命体「アザーズ」の4度にわたる攻撃により人類の99%が死滅し、地球は壊滅状態になる。生き残った女子高生のキャシーは、人間と見分けがつかないアザーズへの恐怖に支配されながらも、離れ離れになった弟を救うため、子供たちが拉致された基地へと向かうのだった・・・



電磁パルスによりエネルギー供給をシャットアウトし漆黒の闇に包んだ第1波。津波や地割れの地殻変動による崩壊の第2波。謎のウィルスによる感染の第3波。人間に寄生し生存者に襲い掛かる第4波。知的生命体アザーズの攻撃により99%の人類が死滅した地球で離れ離れになった弟を捜し救おうと奔走する女子高生の姿を描いたストーリーだ。圧倒的な知能や天変地異を起こせる力がありながら回りくどい侵略をするアザーズ。アザーズの騙しのテクニックは怖さはあるが、あまりにも大味でツッコミたくなるところが多いストーリーにガックリと腰砕けになってしまう。アザーズが、人類が異種に対して行ってきた行為と同じことをしているのだが、侵略としての方法なのか人類を再生させるためなのかがよくわからない。大味で進め続編を臭わすような中途半端な終わり方はユダ級にガッカリさせられた。


評価:がんばろう

原題:The 5th Wave
監督:J・ブレイクソン
原作:リック・ヤンシー「フィフス・ウェイブ」
出演:クロエ・グレース・モレッツ、ニック・ロビンソン、ロン・リヴィングストン、マギー・シフ、アレックス・ロー、マリア・ベロ、マイカ・モンロー、ザカリー・アーサー、リーヴ・シュレイバー、トニー・レヴォロリ、タリタ・ベイトマン・・・他
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメン

【フィフス・ウェイブ】
http://www.5thwave.jp/

評価・紹介No.:2016-086
スポンサーサイト
【2016/05/12 03:44】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する