[PR] 株式情報
『殿、利息でござる!』
これも
世の貯め、
人の貯め。



千両(3億円)集めて、ビンボー脱出!庶民VSお上!知恵と勇気と我慢の銭戦(ゼニバトル)が今、はじまる──






磯田道史原作の「無私の日本人」所収の一編「穀田屋十三郎」の映画化。藩の重い年貢により夜逃げが相次ぐ宿場町を舞台に、貧しい町を救うために藩に金を貸してその利息で町を救おうとする人々の姿を描いた時代劇コメディ。


寂れ果てた宿場町の吉岡宿は、金欠の仙台藩の重税により破産や夜逃げが続出し、困窮し切っていた。町の将来を心配する穀田屋十三郎は、知恵者の菅原屋篤平治から宿場救う秘策を打ち明けられる。それは藩に大金を貸付け、利息を巻き上げるというもの。千両=三億円大金を水面下で集めるため、宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑むのだった・・・



お上に銭を貸してその利息で寂れた宿場町を救おうと奔走するという時代劇コメディ。仙台藩に千両という金を貸し付けるという奇想天外なアイデアを、宿場の有志により、大好きな風呂や酒をガマンし、宝物や家財を売って小銭を貯めて損得勘定なしで宿場救おうとしたのはすごい!この話は、実は実話だったというのは驚きだ。店を潰してまで宿場のため、人のためにと奔走する姿には胸が熱くなる。内容としてはシリアスなのだが、阿部サダヲをはじめとした俳優陣のユーモラスな演技に笑わされた。笑いと涙で楽しめ、お金というものに対し考え方が変わるエンタメ映画となっている。フィギュアスケートの羽生君の堂々としたお殿様姿もなかなかよかった。


評価:大変よくできました

監督:中村義洋
原作:磯田道史「穀田屋十三郎」
出演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、山本舞香、岩田華怜、堀部圭亮、斎藤歩、芦川誠、中村ゆうじ、上田耕一、重岡大毅(ジャニーズWEST)、羽生結弦、松田龍平、草笛光子、山崎努・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【殿、利息でござる!】
http://tono-gozaru.jp/

評価・紹介No.:2016-089
スポンサーサイト
【2016/05/17 03:30】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する