[PR] 株式情報
『オオカミ少女と黒王子』
ウソから始まる
人生最初の
ホンキの恋。



理想のカレを
演じてもらう条件は
ドS王子への
絶対服従。








「別冊マーガレット」に連載された八田鮎子の原作漫画の実写映画化。恋人がいるとウソをついた女子高生と彼女の恋人のフリをする超ドSなイケメン男子の恋の行方を描いたラブ・コメディ。


高校1年生の篠原エリカは、恋愛経験ゼロなのに友達たちに彼氏がいると嘘をつき、その嘘がバレないよう街で盗撮したイケメンの写真を友達に見せやり過ごそうとする。ところが、そのイケメンは同じ学校に通う佐田恭也だった。事情を話し恭也に彼氏のフリをすることを承諾してもらえるが、実は彼は超ドSの黒王子だった。恭也の犬としてパシリに使われるエリカだったが、彼の隠された優しさに惹かれていくのだった・・・



友達に合わせるため彼氏がいると嘘をついてしまったオオカミ少女が、成り行きで彼氏になってもらった超ドSなイケメンの黒王子が、嘘からはじまった恋が本当の恋へと変わっていくまでを描いた青春ドラマだ。ストーリーとしてはベタなモノで、展開などは読めてしまうが、黒王子とオオカミ少女のコミカルな描写にクスッと笑わされる。エリカを母親のように助言をくれる親友のさんちゃんの優しさや、エリカと同級生の日下部くんの健気な姿には胸がジーンとさせられる。予定調和ではあるが、ラストの恋の行方で見せる黒王子の台詞や行動には少しキュンとしてしまう。大人のドラマに出演が多い二階堂ふみの青春ラブコメのコメディエンヌぶりには、彼女の演技力の高さを見せつけられた。ターゲットは女子中学生なのだろうが、彼女たちの母親の世代も楽しめる映画だったと思う。


評価:よくできました

監督:廣木隆一
原作:八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」
出演:二階堂ふみ、山崎賢人、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒・・・他
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース

【オオカミ少女と黒王子】
http://wwws.warnerbros.co.jp/ookamishojo/

評価・紹介No.:2016-101
スポンサーサイト
【2016/06/03 03:06】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する