[PR] 株式情報
『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』
『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』のマイケル・ムーアが、米国防総省の作戦に参加!


今度は“侵略者”となり、世界のジョーシキを根こそぎ略奪する!!








マイケル・ムーア監督がアメリカの政策に参加し、ヨーロッパに侵略し良き制度や文化を持ち帰るというミッションを遂行するドキュメンタリー。


世界各地への侵略戦争の結果、全く良くならないアメリカ合衆国。米国防総省の幹部らは悩んだ挙句、政府の天敵である映画監督のマイケル・ムーアに国防総省に代わって侵略者として世界各国へ出撃することを提案する。ヨーロッパへと向かったムーアは、アメリカでは考えられない驚くべき“ジョーシキ”を目の当たりにするのだった・・・



「電波少年」のような超過激なアポなし突撃取材で政府から目の上のたんこぶ扱いされてきたマイケル・ムーア監督が、アメリカ国防総省に代わって世界のジョーシキを根こそぎ略奪するミッションする模様を写したドキュメンタリーだ。イタリア、フランス、ドイツ、ノルウェー、ポルトガル、フィンランドなどの良き制度や文化をレポートしていくのだが、大学の授業料無料、学校の宿題なし、ランチに2時間休憩&有休休暇8週間、経営陣と労働者との関係等々、アメリカと言わず日本にも取り入れたい制度や文化ばかりだ。驚いたのはノルウェーの刑務所。鉄格子の中ではなくテレビ等がある普通の家なのだ。重犯罪も個室で豪華。過去突撃ドキュメントとは違い笑えながら関心してしまった。驚くべき“ジョーシキ”は、実はアメリカが基でそれをマネただけというオチには笑ってしまった。一味違うマイケル・ムーア作品、我が国のトップの方々にも観てもらいたいものだ。


評価:大変よくできました

原題:Where to Invade Next
監督:マイケル・ムーア
出演:マイケル・ムーア・・・他
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA

【マイケル・ムーアの世界侵略のススメ】
http://sekai-shinryaku.jp/

評価・紹介No.:2016-105
スポンサーサイト
【2016/06/08 03:21】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する