[PR] 株式情報
『シークレット・アイズ』
13年もの間、
FBIを欺き続けた、
切ない真実とは――








迷宮入りした13年前の事件を解決すべく、再び捜査に乗り出した3人の男女の運命を描いたサスペンス・スリラー。


2002年のロサンゼルス。FBI捜査官レイは、女性の殺人現場に駆け付ける。そこで彼は、被害者がテロ対策合同捜査班でのパートナーで、親友でもある検察局捜査官のジェスの愛娘だと知り愕然とする。レイはエリート検事補のクレアと捜査に乗り出し、一度は容疑者を特定するものの、FBI組織内の事情により、真相は闇に葬り去られてしまう。それから13年、事態は急展開を迎え、驚きの真実が浮かび上がる・・・



2009年に製作され、第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」を基にハリウッドによりリ・イマジネーションしたサスペンス・ドラマだ。13年前にレイプされたあとに殺害された同僚の愛娘。その犯人を必死に追うFBI捜査官。迷宮入りしてしまった事件の解くために、当時の捜査チームの3人が再会する。謎に迫れば迫るほど真相は逃げ、ようやく見つけたはずの犯人を捕まえることができない。終始緊迫し謎解きを推理していく展開はドキドキしながら見入ってしまう。結末は、あっと驚く展開でビックリしてしまうが、結末に辿り着くまでの展開が淡々と進みやや退屈感に襲われる。が。殺人犯か情報屋かというFBI組織内の事情は、理解はできるが少し腹立たしさが残った。


評価:よくできました

原題:Secret in Their Eyes
監督:ビリー・レイ
出演:キウェテル・イジョフォー、ニコール・キッドマン、ジュリア・ロバーツ、アルフレッド・モリナ、マイケル・ケリー、ジョー・コール、ディーン・ノリス、ゾーイ・グレアム、リンドン・スミス、ドン・ハーヴェイ、マーク・ファミリエッティ、ロス・パートリッジ・・・他
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ

【シークレット・アイズ】
http://secret-eyes.jp/

評価・紹介No.:2016-114
スポンサーサイト
【2016/06/20 03:13】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する