[PR] 株式情報
『貞子vs伽椰子』
呪い勝つのは、
どっちだ!?



日本ホラーの歴史を破壊する、“最恐のラスト”!







ジャパニーズ・ホラーを代表する2大キャラクター、貞子と伽椰子がクロスオーバーし対決するホラー・ムービー


女子大生の有里は、その映像を見ると貞子から電話がかかってきて2日後に死んでしまうという「呪いのビデオ」を見てしまった親友の夏美を救うべく、大学の教授・森繁に相談し霊媒師に悪霊払いをしてもらうが、おぞましい惨劇が勃発してしまう。一方、女子高生の鈴花は、足を踏み入れた者は生きては戻れないという「呪いの家」に入ってしまう。2つの呪いを解くために、霊媒師の経蔵は、貞子と伽椰子を激突させ、同時消滅させるという驚くべき秘策を企てるのだった・・・



「エイリアンVSプレデター」、「バットマン vs スーパーマン」と別のシリーズがクロスオーバーし戦うというVSシリーズは数々あるが、今回は「リング」シリーズの貞子と、「呪怨」シリーズの伽椰子というジャパニーズ・ホラー最恐のキャラクターが激突するとうものだ。呪いのビデオを見てしまい貞子の呪いに憑りつかれた女子大生と呪いの家に入ってしまい伽椰子の呪いに憑りつかれた女子高生を助けるために、異端の霊媒師が貞子と伽椰子を戦わせて消滅させようとするのだが、2大バケモノの対決にワクワクしてしまうが、俊雄くんはブリーフ姿だし、貞子と伽椰子は悍ましさがなく、恐いというよりコメディのようで笑えてしまう。どうせなら、スプラッター的にグロさで怖くしてもよかったのではないかと思ってしまった。ラストのオチや呪いのビデオの件と、貞子も伽椰子もこの先まだまだシリーズが続きそうな雰囲気なのだが、次作は対決ではなく共闘となるのか?ホラーの怖さを求めたら肩透かしになってしまうが、ネタ映画として観れば結構ツボにハマってしまうかも・・・


評価:よくできました

監督:白石晃士
出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里、菊地麻衣、甲本雅裕、安藤政信・・・他
製作国:日本
配給:KADOKAWA

【貞子vs伽椰子】
http://sadakovskayako.jp/

評価・紹介No.:2016-116
スポンサーサイト
【2016/06/22 03:33】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する